出張鑑定お宝データ 2018年2月6日放送 「IN熊本県 長洲町」

名前
平戸焼の花瓶
鑑定依頼人
大橋洋之さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
森由美
本人評価額
¥ 200,000
鑑定額
¥ 250,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

明治時代に作られた三川内焼の花瓶。江戸時代には平戸藩の御用窯だったので、江戸時代のものは平戸焼という言い方をすることが多い。細かい染付が丁寧で、天草陶石を使った磁器の白い肌がとても綺麗。ただ、染付の色が少し淡いので、鶴か鴨か少しわかりづらいのが残念。もっとパチッと描かれたものもあり、それなら50万円ぐらいに評価できる。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年2月6日放送

2018年2月6日

曽祖父の遺品の中から思いがけず発見した夏目漱石の絵。漱石は絵を描くことをこよなく愛した作家だが、驚きの鑑定結果が!
【ゲスト】別所哲也

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ