出張鑑定お宝データ 2018年2月13日放送 「IN高知県 室戸市」

名前
九代 大樋長左衛門作 寿老人の炉蓋
鑑定依頼人
飯尾和久さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
森由美
本人評価額
¥ 300,000
鑑定額
¥ 800,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

なかなか珍しい。九代大樋長左衛門は石川県金沢で昭和に活躍した人。背中を丸めて座っている様子、衣の襞、その箆の勢いが非常に良い。何より顔が良い表情をしている。目のところに大樋の飴釉という茶色の薬を塗っているため、きらっと光る。あまり頭の部分を触ると、上薬がついていないので手垢で汚れてしまう。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年2月13日放送

2018年2月13日

1000万円の借金のかたとして知人に預けた掛軸が鑑定団で300万円の値が付いたが、残りの700万円を返す当てがない。そこで取って置きの家宝で再起をかけたい!
【ゲスト】竹下景子

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら