スタジオお宝データ 2018年5月15日放送

名前
乾隆御墨
鑑定依頼人
宮本真木子さん
ジャンル
硯と墨・文房具
鑑定士
楠文夫
本人評価額
¥ 1,500,000
エピソード
趣味は中国茶。最近、レッスンに通い出した。お宝は、祖父が遺したもの。祖父は書家で、生活のため教師をしながらずっと書道を続けていた。このお宝は祖父が師事していた著名な書家から頂いたもので「とにかく凄いものだから大事にしろ」と常々言っていたらしい。父はその言葉を信じて実家でずっと保管しており、自分と姉が幼い頃から「うちの家宝だ」と言って時折見せてくれた。使いかけだし、ヒビも入っているので、本当にそんなに凄いものなのか疑問に思っているが、このままだと姉の家に受け継がれそうなので、念のため価値を確かめておきたい。
鑑定額
¥ 5,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

乾隆御墨に間違いない。正面に「天保九如」、その上に「御墨」とある。背面には九如を図案化した景色が描かれている。全体に覆われている重厚な古色は本物にしか発散できない素晴らしさがある。良質な油煙が使われていて、杵を百万回叩くといわれている。そうするとどんどん小さくなり、ずっしりとした重さがある。側面に「大清乾隆年製」、「景祺閣珍蔵」とある。「景祺閣」とは北京にある紫禁城の宮殿の名前。墨の中でも超一級品。残念ながら3分の1欠けているが、墨の値打ちは古いか否かが決め手。なくなっていても問題にならない。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年5月15日放送

2018年5月15日

清朝第6代皇帝・乾隆帝が贅の限りを尽くし名工に作らせた大珍品。実はもとの持ち主が使ってしまったため、かなり磨り減っている… しかし、驚きの鑑定結果が!
【ゲスト】堀越正己

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ