出張鑑定お宝データ 2018年5月15日放送 「IN大阪府 能勢町」

名前
志野茶碗
鑑定依頼人
高垣吉一さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
中島誠之助
本人評価額
¥ 1,300,000
鑑定額
¥ 2,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

江戸時代初期の慶長年間に美濃地方で焼かれた志野織部の茶碗。志野に似ているが、そこに織部のゆがみを入れている。縞文様を筋絵というが、たいへんに軽妙洒脱。桃山時代の志野は釉薬を長石釉1種類だけ使っているが、この時代になるとガラス質の多い珪石を入れている。そのため、茶碗の肌が透明感が増して、描かれた鉄絵が鮮やかに浮き上がっている。高台は二重高台で、桃山時代の志野の通りに作っている。箱がまた良い。江戸前期の茶人大名、片桐石州の花押が書かれている。石州流の好みを今に伝える良い茶碗。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年5月15日放送

2018年5月15日

清朝第6代皇帝・乾隆帝が贅の限りを尽くし名工に作らせた大珍品。実はもとの持ち主が使ってしまったため、かなり磨り減っている… しかし、驚きの鑑定結果が!
【ゲスト】堀越正己

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ