出張鑑定お宝データ 2018年5月15日放送 「IN大阪府 能勢町」

名前
山口長男の油絵
鑑定依頼人
谷岡清三さん
ジャンル
西洋画・彫刻
鑑定士
山村浩一
本人評価額
¥ 1,000,000
鑑定額
¥ 8,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

この作品がここにあることが凄い。「象(かたち)」というタイトルで1946年作。戦前のものは戦争でほどんど焼けてしまい残っていない。依頼品は戦後間もなくの作品だが、残っていることが凄いこと。赤や黄色の色を四角などの造詣で描く作家として知られている。戦前から描かれていた白地のおそらく最後の作品。50年代以降の仕事はペインティングナイフで板の上に描くものがほとんどなので、キャンバスの作品を見られることが貴重。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年5月15日放送

2018年5月15日

清朝第6代皇帝・乾隆帝が贅の限りを尽くし名工に作らせた大珍品。実はもとの持ち主が使ってしまったため、かなり磨り減っている… しかし、驚きの鑑定結果が!
【ゲスト】堀越正己

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ