出張鑑定お宝データ 2018年5月15日放送 「IN大阪府 能勢町」

名前
古丹波の壺
鑑定依頼人
久野田一雄さん
ジャンル
焼き物・茶道具
鑑定士
中島誠之助
本人評価額
¥ 500,000
鑑定額
¥ 2,500,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

500年ほど前、室町時代中期に焼かれた古丹波の壺。首がまっすぐ立ち上がって口縁に向かって薄く開いている。時代が下がって桃山に近くなると玉縁になる。粘土を縄のようにして積み上げていく成形方法で作っているが、櫛のような箆で余計な土を掻き落としている。その時に縦の筋がつくのが有名な「丹波の猫掻き」。猫が爪で掻いたような跡がついている。窯の中で薪の灰が降りかかって自然釉となっている。鮮やかなグリーンが丹波の色。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年5月15日放送

2018年5月15日

清朝第6代皇帝・乾隆帝が贅の限りを尽くし名工に作らせた大珍品。実はもとの持ち主が使ってしまったため、かなり磨り減っている… しかし、驚きの鑑定結果が!
【ゲスト】堀越正己

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

開運!お宝アクセスランキング

鑑定の依頼はこちら