開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年7月10日放送

慶長大判

鑑定依頼人平川久さん
鑑定士 竹内俊夫
ジャンル 貨幣
本人評価額¥ 25,000,000
エピソード昭和43年創業の大衆食堂「高砂食堂」の元店主。父が始めた店で、妻と共に50年以上に渡って店を切り盛りしてきた。お宝は江戸時代初期に作られたもの。35年前、近所の電気店に電気関係の工事をしてもらった際、店主がやたら念入りに車の鍵を閉めているので、「盗られるようなもの持っていないだろ」とからかった。すると、「実は、いま車の中にお宝がある」と言うので見せてもらうと、本当に時代劇で見るような立派なものだったので欲しくなり、35万円で譲ってもらった。去年の秋、息子が店を継いでくれ、ようやく自由な時間ができたので、これを売って今まで一緒に頑張ってくれた妻と世界一周旅行に行きたい。
シェアする

鑑定士総評

偽物というより参考品。本物の慶長の時代の判、墨であれば何千万円という評価。本物は高嶺の花なので参考品として持っていたいという収集家がたくさんいる。そういう人のために作られたものではないか。とても良く出来ているが、ひとつひとつの極印を見るとはっきりしすぎている。慶長時代の極印は、当時の圧力なのでそれほどシャープには出ていない。ぼやけているところもある。裏に名前が墨書きされている。所有者が自分の所有を知らしめるサインだが「大名屋四郎兵衛」とちょっと不遜な名前で、実在しない。金の含有もあると見るので、その意味で50万円。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年7月10日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト