開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年9月11日放送

1964年 東京五輪のポスター

鑑定依頼人髙野進さん
鑑定士 北原照久
ジャンル その他
本人評価額¥ 100,000
エピソード1961年静岡県富士宮市の生まれ。東海大学3年生で400m走の日本記録を樹立すると、その後も自ら記録を更新し続け、91年の日本選手権で記録した44秒78は今なお破られていない。オリンピックにはロス、ソウル、バルセロナと3度出場し、92年のバルセロナ五輪では日本短距離史上60年ぶりの決勝進出を果たし8位入賞。引退後は母校東海大で指導者となり、現在は体育学部教授・陸上競技部監督を務める。
シェアする

鑑定士総評

亀倉雄策が連作で作った1962年の2号ポスター。1961年に日の丸、五輪、TOKYO 1964が描かれた1号ポスターがあり、3号ポスターは水泳選手がバタフライでこちらに向かってくる図柄。1964年の4号ポスターは聖火ランナー。オリンピックのポスターで写真を使ったのは2号ポスターが初めて。夜6時から代々木の国立競技場でストロボを20台置いて6人の選手のスタートダッシュの瞬間を撮った。躍動感を表現したいがなかなか出なかったので、20回目ぐらいに先頭の選手を1メートル前からスタートさせた。それが、亀倉が思い描いた横の三角形になった。そして6人の選手の顔が全員見えている。このポスターはもっと評価されて良いと思うが、当時9万枚ぐらい刷られているためこの鑑定額。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年9月11日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト