開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年9月11日放送

千代鶴是秀の鉋

鑑定依頼人澁谷信夫さん
鑑定士 土田昇
ジャンル その他
本人評価額¥ 500,000
エピソード鎌倉の古刹・覚園寺棟梁を務めている。ご先祖はおよそ300年前、覚園寺から専任大工として鎌倉に呼び寄せられ、以来この地に定住。澁谷さんはその9代目にあたる。お宝は、伝説の名工が作った大工道具。60年程前、父が個人住宅を手掛けた際、その施主からお礼に頂いた。父は大変喜び、家宝にするから絶対に使ってはいけないとし、自分は恐れ多くて触れなかった。残念ながら10代目になる後継ぎがいないので、家族に正確な価値を知っておいて欲しい。
シェアする

鑑定士総評

千代鶴是秀の作品に間違いない。しかも傑作の類。地金の選別、鋼はもちろんだが、裏すきの精度にしても、こばのヤスリ目にしても、背中の仕上げにしても手をかけつくしてある。背中に昭和十六年と年号が切ってある。太平洋戦争の時期。価格等統制令で、あらゆる物品に公定価格がついたため、より良い工具を作っていた鍛冶屋ほど困窮した。多くの鍛冶屋が軍刀を作る仕事に回ったが、是秀は手をかけて物を作るので、公定価格に見合った材料、工程でという仕事は出来ない。軍刀にも手を出さなかった。作れなくなる時期が始まる寸前に依頼品は作られた。68歳なので、これ以降正規の鉋を作る機会がないかもしれない。そのくらいの気概で作られたものではないか。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年9月11日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト