開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年10月9日放送

和時計

鑑定依頼人山川豊さん
鑑定士 澤田平
ジャンル 和時計
本人評価額¥ 500,000
エピソード1958年、三重県鳥羽市の生まれ。漁師の一家に育ったが、中学生の時、五木ひろしさんに憧れ歌手を志すようになった。その後、名古屋のカラオケ大会で優勝した際、レコード会社の人に誘われ上京。1981年、「函館本線」でデビューすると日本レコード大賞新人賞をはじめ、14もの音楽賞を総なめにした。その後も「アメリカ橋」などの名曲を生み出し、演歌界の顔として活躍している。
シェアする

鑑定士総評

江戸時代に使われた和時計の一種。尺時計と言われている。普通、時計の文字盤は円運動するが、これは針がまっすぐ下りてきて時間を示す。日本独特の時計。尺時計には3種類あり、時刻を刻む脱進機が、ふらふら動く棒天符と丸い部分が動く円天符、もうひとつは依頼品の振子式。一番優れており、より正確な時間を示せる。開発されたのは天保時代のちょっと後。明治5年には使えなくなった。それは不定時法という、24時間制ではなく、1日を12で割って、昼と夜を別々にする時計のため。夏は昼が長く夜が短い。冬はその逆。そのため、極端に言えば毎日時間が変わる。そのため、1時間ごとの目盛を動かせるようにしてある。これを割駒という。横に節板という交換式の板がある。全部で7枚あるが、残り6枚がない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年10月9日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト