バックナンバー

2010年9月28日放送

衝撃映像発掘SHOW!! 
THEピンキリハンター

『ピンキリ』…ピンからキリまでの略で、最小から最大、最高から最低までなどの意味。
ピンキリハンターと呼ばれる芸人が、実際そのピンキリな現場に行き調査&体験!
今回は、最長&最短、最速&最遅、安全&危険、最も広い&最も狭いをテーマに 世の中の『ピンキリ』映像を大発掘!!両極端な衝撃映像をたっぷりお見せします。

画像

【ピンキリハンター】
オリエンタルラジオ、安田大サーカス、小原正子(クワバタオハラ)、トータルテンボス
鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング)、瞬間メタル、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

日本一!?長い麺

画像

横浜中華街で日本一長い!?という噂のラーメンを発見!なんと丼1杯の中に長さ30メートルを超える麺が入っていた!!それも1本だけ!!実はこの麺、中国では縁起物として、誕生日や祝寿の時に食べられているもので、別名「長寿麺」とも呼ばれ、長寿を象徴するものとして昔から尊重されている。レポーターが試食するのだが・・・果たして一気にすすれるのか!?

日本一難儀な神社!?

北海道にある道内最古の山岳霊場のとある神社。商売繁盛にご利益のあるこの神社は・・・
・一帯はヒグマ生息地で、春~秋は、マムシ・ぶよ・蚊・蜂が出る。
・断崖絶壁、本堂は地上から705m。
・階段が傾斜45度(※スキーのジャンプ台ですら39度)
・赤さびた非常に頼りない橋を渡らなくてはいけない。
・鉄の鎖をつたい、断崖絶壁を登らなくてはいけない。

まさに命懸け!?これらのサバイバル要因によって『日本一危険な神社』として、勇者達あこがれの神社となっている

画像

天国に一番近い温泉!?

画像

日本一標高が高い温泉は、富山県のみくりが池温泉で、標高2430mだが・・・
さらに、空に近い温泉が北海道にあった!!
それは・・・気球温泉!!!
上空400m、真冬の場合、気温は-10度。気球のかごにセットした浴槽に天然温泉の湯を入れる空中露天風呂!!ちなみに、この気球温泉は北海道の温泉旅館に予約さえすれば、入浴料6万円で入る事が出来る。

日本一短い回転寿司!?

大阪のとある寿司店の看板には「日本一短い廻る回転寿司店」とあるのだが、小さく「たぶん」と書かれている。1階は普通の食堂となっているのだが、その片隅に回転寿司コーナーがある。寿司カウンターは12席しかなく、回転レーンはなんと1周5.6m。
1周するのにたったの1分。あまり回転させている意味がないようにも思えるが、「寿司を楽しく食べてもらいたい」、という初代ご主人の意向で、かなり昔に設えられたものらしい(3代目いわく、元祖回転寿司の「元禄寿司」の次に古いとか)。

画像

ほかにも日本中の「ピンキリ」なものの映像のオンパレード!

トップへ戻る