title.gif (8623 バイト)



菅谷社長2月定例会見
−2004年2月26日−

■ 今年の抱負 ■

経営指標としている営業利益が、00年度の58億円から、01年度26億円、02年度18億と2年連続でピークから落ち込んでいるが、昨年の秋以降営業成績が回復してきており、反転は確実だ。2001年10月からリストラ策を始めたこと、「グラウンドゼロからの再構築」として昨年4月に編成表の大幅な見直し、7月に人事・組織改革などをした成果も出始めているのだろう。 新年度(2004年)は「大きな目標にむかって前進する年」にしたいと考えている。大きな目標というのは、キー局として規模は小さくとも最良で最強の局にしたいという志である。それに向かって、「個性、クオリティー、パワー」の3原則に沿った番組を作り、3ナイ番組(視聴率、コンセプト、スポンサー)を廃止して「最良で最強の局」になる一歩を踏み出したい。

■ 地上デジタル関連 ■

昨年の12月1日に新設備で放送することを目指していたが、システムが完璧でない状況とわかったので、時期を延ばし再構築中である。3月21日の放送終了後、完全にデジタルへの切り替えを行い22日から新システムと新放送設備で放送する予定。現段階でのHD化比率は25%、4月編成では35%強のフルHDで放送する見通しが立っている。 スタジオはHD化しているので、「ワールドビジネスサテライト」などニュース番組はいつでもできる。既にできているのは「開運!なんでも鑑定団」「TVチャンピオン」「いい旅・夢気分」「女と愛とミステリー」「元祖!でぶや」「美の巨人たち」など。加えて、4月編成で「レディス4」やGHの新番組3番組などをHD化し35%強に増やす予定である。



■ 編成関連 ■

<4月編成>
3ナイ番組をスクラップ&ビルドするという一貫方針の下、4月の改編率はGH14.6%、PT18.8%、全日30.7%。「グラウンドゼロからの再構築」として昨年4月に行なった改編・GH30%、PT37%、全日28%を受けて、10月も大きく変えたが、この4月はウィークデーの生ベルト化をするので特に全日が96年4月の31.7%以来の大改編となる。
・現在放送中の「オープニングベル」と、通販、ニュースを抱き込んだ形で8時から11時までの3時間枠を生放送化。
・月曜から金曜までの17時30分から30分間、若者向けバラエティ番組。テレビ東京が出資している渋谷ボックスから、生放送で若い人たちにアピールできる番組を作る。コンテンツ事業局がもつノウハウをいかして、編成、制作が協力して番組作りを行なう。
・GHでは、「解決!クスリになるテレビ」「徳光和夫の情報スピリッツ」「完成!ドリームハウス」を終了し、月曜19時はホリプロ3人娘・榊原郁恵、井森美幸、山瀬まみを起用した番組にする。これまで特番で3回放送し、視聴率もいいのでレギュラー化する情報バラエティ。
月曜20時は、名倉潤の司会で、テレビ東京のプロデューサーの企画した新感覚クイズ番組。
金曜20時は、所ジョージ、おすぎ、吉田照美の司会で、歴史上の人物をテーマに良い面と悪い面を掘り下げるバラエティ番組。GHの達成視聴率9%を目指し、以上のようなラインナップとした。

<視聴率>
上期実績は、GH8.2%(前年比+0.6%)、PT7.6%(同+0.6%)、全日3.6%(+0.1%)と前年より少し回復した。年度平均(2月22日現在)は、GH8.3%(同+0.3%)、PT7.7%(同+0.4%)、全日3.6%(同±0.0%)で持ち直しつつある。10月クールはGH8.6%、PT7.9%、全日3.7%といずれも前年を上回った。特に「開運!なんでも鑑定団」が平均15.3%と好調。「田舎に泊まろう」9.4%、「元祖!でぶや」8.6%と10月クールは高数字がとれた。
年末年始(12/31−1/3)は、GH8.4%(同±0.0%)、PT7.9%(同▲0.3%)、全日4.8%(▲0.4%)。「竜馬がゆく」が8.0%と低調だったことが、PT、全日で前年割れした大きな要因。しかし、「年忘れにっぽんの歌」10.5%、「田舎に泊まろうスペシャル」10.9%、「古代エジプト・神秘のツタンカーメンの呪い」8.9%、「プロボクシング・トリプル世界タイトルマッチ」8.4%などと好調で、元日だけのGH平均では10.7%と歴代最高を記録した。


■ 営業関連 ■

スポットは昨年8月から、タイムは昨年10月から前年を上回っている。上期はトータルで前年比▲4.5%だったが、2月23日現在、年度累計で前年比▲0.5%まで盛り返している。
年度累計では前年比でタイムが▲1.5%、スポットが+1.9%。現在好調なのは、デジタル家電、金融・保険がCM出稿が増えている。現在トータルで▲0.5%だが、3月末までには予算達成の見込み。


■ 事業関連 ■

テレビ東京も出資した映画「壬生義士伝」が日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。映画としては上質でテレビ東京が出資するにふさわしい映画だった。
92年公開の「シコふんじゃった」、2000年公開の「雨あがる」に続き、テレビ東京出資映画としては3回目の最優秀作品賞となる。
昨年夏の劇場版「ポケモン」が動員数410万人を突破、興行収入43億の大ヒットとなった。また、今年の夏にはアニメ「NARUTO」をテレビ東京が幹事社となって映画化する。
映画「クイール」は、開局40周年記念でテレビ東京としても力が入っている。前売り状況は、公開3週間前で劇場窓口だけで3万枚売れていて、好感触である。
開局40周年記念事業として、日経新聞と組んで「驚異の恐竜博」を7月16日から9月12日まで幕張メッセで開催する。中国雲南省で発見された「巨大恐竜墓地」から、アジア最大級の恐竜などが持ち込まれ、スケールの大きな事業となる。テレビ東京で特番も放送する予定です。
また、カトリーヌ・ドヌーブ主演のフランス映画「8人の女たち」を、木の実ナナ、山本陽子、佐藤江梨子などの出演で11月19日から舞台化する。
来年1月から江戸東京博物館で開催する「エミール・ガレ展」も開局40周年記念事業。


■ サブリミナル手法、パカパカ問題について ■

民放連の放送基準でやってはいけないことがルールとして書いてある。ルールがある以上それを守るのは当然のこと。放送基準があるということを、各局のプロデューサー、ディレクターは認識しなければならない。ポケモン事件の反省を込めて、テレビ東京としては映像を慎重に作っている。イギリスの学者と共同開発した「アニメチェッカー」を使い、コマーシャルを含めて危ないものは専門家の目でチェッカーのダブルチェック体制を敷いている。
テレビ界のみならず、マスコミ全体に対するイメージダウンになりかねない問題。テレビの視聴時間が昨年初めて4時間を超えたという調査結果が発表された。それだけテレビ局の責任は大きくなるのだから、そういう中での出来事としては残念だ。



記者会見トップへ

mania.jpg (31394 バイト)