『孤独のグルメお正月スペシャル!、真冬の北海道・旭川出張編』2016年1月1日(金・祝)夜11時15分放送!
応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
SP
2016年1月1日放送 孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・
旭川出張編

井之頭五郎(松重豊)は年明け早々北海道の旭川空港にいた。空港のカフェでパソコンを開き、仕事に追われていた。腕時計を見て慌ててバスに乗る。「冬の旭川・・・もっとのんびりしたかったな・・・」ホテルに着いても携帯は鳴り続け、パソコンを打ち続けていたが・・・やがて決意し、携帯を部屋に置いて雪の街に出た。「思っていたより静かな街だな」そんなことを考えながら歩いていると、突然腹が減ってきた。一人で落ち着いて食べられる店を捜すのだがなかなか見つからない。そんな時「独酌 三四郎」という看板を見つけ、入ってみる。
 なんとも渋い店だったが、下戸でも落ち着くいい雰囲気。女将(床嶋佳子)にメニューを渡されるとじっくりと見て、新子焼き、玉子焼き、手造りつけ物にご飯、きのこ汁にとうきび茶を注文した。先に頂いたとうきび茶を飲みながら竹のメニューを見て、身欠にしんを追加する。やがてそれらがお通しの酢豆とともに出てきた。新子焼きのあまりの美味しさにご飯をお代わりすると、新子焼きのたれをご飯にかけてくれた。これがまた美味しかった。サービスで出してくれたかぼちゃの煮付けも昆布で煮たのがまたうまい。すべてに満足し、店を後にした。
 翌朝、長靴に履き替えた五郎は今回の目的の近藤染工場へ。海外から注文があり大漁旗をお願いした。若い職人たちが手作業で進めていく様を見て感心して工場を後にすると、お腹がすいてきた。店を捜し始めた五郎は路地を曲がったところに「自由軒」という看板を見つけ、入ってみる。メニューを見て、味噌汁ライスなるものが気になり注文してみる。それにカニクリームコロッケ、ホッケフライも頼んだ。ホールの女性(西原亜希)がそれを聞いて厨房のマスター(本田博太郎)に声をかける。マスターは五郎が東京から来たことを知ると、量を加減するから色々食べて行って、と優しく言うのだった。やがて注文した品々がやってきて、五郎は味噌汁の大きさに驚く。ちくわや半熟卵が入っているのをふうふうしながら頂く。熱々コロッケとフライはカニとじゃかいも。図らずもど真ん中チョイスを堪能。旭川でもしっかり食べてしっかり働く五郎だった。

ゲスト

床嶋佳子 森崎博之 西原亜希 本田博太郎

ドラマに登場したグルメなど全シーズンの情報が検索できます!

◆主演:松重豊 コメント この度、めでたく正月特番という名誉をいただきました。そうは言っても、特別なことをするわけではありません。正月に皆さんが集まってご馳走を食べて、夜11時過ぎにおせちに飽きて小腹が空いた時に見てほしいですね。お正月ですから雪景色の中で井之頭五郎が温かいものを口にするだけで、ほっこりした気分になれるのではないかとそういう意気込みでスタッフも店を探しています。 北海道では、食べたことのないものに出合いたいと思う一方で、はるばる来たのに、しかもお正月なのに「これかい!」と肩透かしを食らった気分にさせて、良い意味で見ている人を裏切るのもこの番組らしいと思っています。北海道には撮影で何度も訪れていますが、今回行く場所は初めてなのでどんな料理が出てくるのか楽しみです。 良かったら覗いてみてください。

孤独のグルメ5
孤独のグルメ4
孤独のグルメ3
孤独のグルメ2
孤独のグルメ1