イオン環境財団設立20周年記念番組 地球への子守唄 ~木を植えて考える子どもたちの未来~

11月14日 日曜 午後4時放送 (テレビ東京系列6局ネット)三重テレビ11月21日 日曜 夜7時放送、BSジャパン11月28日 日曜 午後3時55分放送

出演:東儀秀樹(雅楽演奏家)、宮脇昭(横浜国立大学名誉教授)、森本曜子(ナレーション)

地球に暮らす私たちすべての人間が、このかけがえのない星の緑あふれる環境のもとで、豊かに暮らしていけるように・・・
いま我々人間は何を考えるべきか。何をすべきか。
原生林が破壊され、動物たちが住処を追われるボルネオの現実。
森林破壊は対岸の話ではない。日本の森も開発と市場原理に振り回され壊滅的な状況。
環境問題は近い将来の危機ではなく、もはや目前で、我々が直面している危機なのです。
そうした危機的状況の中、イオン環境財団が中心となり、日本から1400名・中国から1000名がボランティアとして参加した万里の長城での植樹活動は、100万本の植樹を達成しました。
番組は東儀秀樹さんがナビゲータを務めます。東儀さんの奏でる篳篥(ひちりき)の音色にのせ、直面している現実、私たちに課せられている課題、そしてこの美しく優しい地球の未来について、今一度考えていきます。