ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的
放送日
10月4日(水)夜9時放送

ネットもテレ東にて前作『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』を限定無料配信中

期間限定無料配信中!

    次へ

    前へ

     

    ネットもテレ東

    最新情報

    10月4日(水)夜9時放送
    ドラマ特別企画
    『巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』

    3つの正義がぶつかり合う!
    玉木宏演じる特捜検事とともに
    女性総理候補を追い詰める新聞記者役に勝地涼

    ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的

    テレビ東京では、ドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」を2017年10月4日(水)夜9時から放送いたします。
    玉木宏が主人公の検事・冨永真一を、また名取裕子が日本初の女性総理候補・越村みやびを演じることは既報の通りですが、今作で新たに登場する暁光新聞社クロスボーダー部記者・神林裕太役を映画・テレビ・舞台など多くのヒット作に出演している若手実力派俳優の勝地涼が演じることに決定いたしました。
    普段は接点をもつことのない検事と新聞記者。冨永が神林とともにどのように越村みやびを追い詰めていくのか?どうぞご期待ください。

    そして、新たにドラマを彩る豪華キャストが出演します。
    越村みやびの夫で彼女の実家である「雪の鶴酒造」社長・越村俊策役に岩城滉一。現総理大臣でみやびの民自党総裁選後見人となる黛新太役に柴俊夫。みやびへ賄賂を贈ったとされる医療コンサル会社「JWF」社長・楽田恭平役に中村俊介。神林の上司である暁光新聞社クロスボーダー部部長・東條謙介役に田中哲司。神林の同僚で暁光新聞社クロスボーダー部記者・大塚有紀役に黒川智花。みやびが賄賂を贈ったと告発する「JWF」の元債務責任者を弁護するヤメ検弁護士の宮崎穂積役に・本田博太郎。
    これまで様々な役を演じ分けてきた実力派が揃い踏み。素晴らしいキャストが集結しました。

    勝地涼 コメント
    女性初の内閣総理大臣誕生なるか?という部分が面白く、また検事と新聞記者がどのように関わっていくのか、事件解決へ同じ方向を見ているけどぶつかり合うシーンも面白かったです。冨永とはみやびへのアプローチの仕方も違うし、また会いましょうと言いながら次の事件の現場ではガチガチにぶつかるかもしれない。男の話という感じもしましたし、本当の良い政治家って何なんだろうと考えさせられる内容で、難しいテーマだと思いました。
    玉木さんとはNHKの大河ドラマ「篤姫」以来の共演でしたが、かっこよすぎて緊張しました(笑)。
    新聞記者という役が初めてなので、どうやったら記者っぽく見えるのかと考えていたのですが、撮影の最初のほうに越村みやびに突撃するシーンがあり、そこで新聞記者としてどこまでいやらしくいけるかという感覚をつかめたように思います。
    演じていて、本当の正義について考えましたし、自分が見ているものがどこまで真実なのかとも感じました。現在の日本の核になる部分をついているドラマだと思いますので、ぜひ楽しんでいただければと思います。
    プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
    このドラマには4つの「対決」がある。これらがドロドロに絡み合って進んでゆくのが、このドラマの一番のリアリティであり、今回一番のウリだと思っている。
    1つ目は、言わずと知れた「検事・冨永真一」VS「政治家・越村みやび」の正義を懸けた闘い。
    2つ目は、「標的」みやびに向かってゆく「検事・冨永真一」VS「記者・神林裕太」が繰り広げるライバル劇。
    3つ目は、魑魅魍魎がうごめく政治の世界に生きる「総理候補・越村みやび」VS「現職総理・黛新太」の騙し騙され合い。
    そして実は私が「この中で一番胡散臭いぞ~」と思っているのが、4つ目の「妻・越村みやび」VS「夫・越村俊策」の確執である。
    結婚をしたことがある人なら誰しも、「夫婦間の対決」が一番生々しく現実的なのはよくご存じだろう。その妻を名取裕子さん、夫を岩城滉一さんが演じるというだけで「普通では済むわけがない」と気が付くに違いない。
    3つ目の「総理候補と現職総理」の対決も見ものだ。黛総理を演じる柴俊夫さんの怪演はリアルを通り越して恐ろしくもある。
    そして今回は、検事・冨永に力強い味方が現れる。2つ目の「記者・神林」だ。といっても同じ検事ではないため、バディとして共に手を組んで巨悪を追い詰めるわけにはいかない。ライバルのような形を取りながら、違うアプローチで女性総理大臣候補・越村みやびを追い詰めてゆくのだ。「慎重、真ちゃん」と言われる冨永と違い、この神林は情熱とパワーで巨悪に迫ろうとする熱血漢だ。この役を勝地涼さんにお願いすることにした。私は勝地さんのまっすぐな演技表現が好きだ。近作の被災地で馬を育てる青年の役もよかったし、戦時下に実在した野球選手を演じた表現も素晴らしかった。どの作品も、「直球! ど真ん中!」とずっしり来る役を演じていて私は感服していた。
    先日、冨永と神林がガチンコにぶつかり合うシーンの撮影が行われた。「雨降らし」と呼ばれる雨設定の夜のシーンは大迫力で、手に汗を握る緊迫感が見ていて快かった。対決する二人の「メヂカラ」が半端なく、闇夜にギラギラと光ってぶつかり合っていた。
    石橋を叩いても渡らないような冨永と、迷う前に走り出しているような神林。全く異なるキャラ、「司法と報道」という決して相容れることのないキャリアの2人がどのような連携を取り、どのような手法を使いながら巨悪を追い詰めてゆくのか、楽しんで見て頂きたいと思っている。

    イントロダクション

    主演・玉木宏!気鋭の特捜検事が帰ってくる!
    今度の“巨悪” は名取裕子演じる日本初の女性総理候補!
    検事生命を賭け、日本の闇に迫る!

    ドラマ特別企画巨悪は眠らせない特捜検事の標的

    原作:真山仁『標的』(文藝春秋刊)

    ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的

    テレビ東京では、2017年にドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」を放送することを決定いたしました。 このドラマは、テレビ東京六本木3丁目移転プロジェクトとして昨年10月に放送され好評を博した「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の続編です。 主演を務めるのは、前作と同じく玉木宏。前作で社会派ドラマに初挑戦し新たな一面を見せた玉木が、東京地検特捜部検事・冨永真一を演じます。 共演には、テレビ・映画・舞台など幅広く活躍し、老若男女問わず人気が高い女優・名取裕子。玉木演じる特捜検事・冨永が受託収賄容疑で追い詰める、日本初の女性総理候補・越村みやびを演じます。 また、玉木宏と名取裕子は初共演。冨永がどのように越村を追い詰めていくのか?特捜検事の正義と政治家の正義がぶつかります。この2人の対決にどうぞご期待ください。

    そして、前作と同じく、素晴らしい実力派のキャストが集結しました。冨永の上司である特捜部副部長・羽瀬喜一役を奥田瑛二、冨永を補佐する優秀な検察事務官・五十嵐鉄夫役を萩原聖人、女性初の特捜部部長・岩下希美役を羽田美智子、冨永の同僚の特捜部検事・藤山あゆみ役を滝沢沙織、京菓子職人として優しく息子を見守る冨永の父・冨永一雄役を田村亮が演じます。

    原作は、真山仁の社会派小説『標的』。日本の抱える問題に挑む気鋭の作家・真山仁が「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の原作『売国』の続編として発表した本作は、日本が今まさに抱えている社会の病巣“介護・高齢化問題”と向き合った作品です。

    本作のテーマは「正義と正義のぶつかりあい」。東京地検特捜部の正義と国会議員の正義。片や法律を武器に、片や国益を守ることを武器にそれぞれが信じる正義を貫く。正義とは、国益とは、希望とは何か?壮大なスケールで描く社会派ドラマです。今作で新たに登場するキャスト陣は後日発表いたします。

    ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的

    玉木宏 コメント
    Q.再び特捜検事・冨永真一を演じるにあたって
    前作は冨永が特捜検事に抜擢されての葛藤や迷いが描かれていましたが、今作はその部分をあまり見せず巨悪に対してどう立ち向かっていくかがメインに描かれていますので、随所の立ち振る舞いに前作との違いがあると思います。

    Q.今作の“巨悪”は人気女性総理候補で、前作の大物政治家とはまた違った“巨悪”になりますが
    前作とは性別も違うし、証拠はあってもどう自白させるかの人間的な戦いになっていくのではと思います。証拠はあったとしても、本人の口からちゃんと認めさせなければ世の中も納得しないと思うので、その部分を丁寧に演じていきたいです。

    Q.今作への思いや意気込み
    非常に重みのある、世の中の声を代弁するようなドラマになっていると思いますし、日本のトップの方にも思いが届くといいなと思っています。一人一人が政治に対して興味をもつことがいい世の中になっていく第一歩だと思っているので、とてもチャレンジングな社会派ドラマだと思います。こういったジャンルが好きな方もたくさんいらっしゃるでしょうし、政治というものがちょっと分からないという方も、この作品をきっかけに興味をもっていただけたらいいなと思います。
    原作者・真山仁コメント
    早くも冨永真一検事シリーズの第2弾がドラマ化にされることに、感激しています。今回のターゲットは、国民に絶大の人気を誇る日本初の女性総理候補。介護福祉改革に情熱を注ぐ大物議員は、なぜ疑惑の人となったのか。日本政治が抱える不条理にも注目ください。
    さらに、警察の捜査とはひと味違う、特捜部の捜査過程、そして逮捕後の取り調べなど、検察ドラマならではの見応え満載になることは、間違いなしです!
    また、今回は、原作とドラマで結末が異なります。小説を読んでもハラハラしながらドラマを楽しめるという贅沢なプログラムを、お見逃しなく!
    プロデューサー 田辺勇人(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
    私たちが想像のつかない魑魅魍魎な世界。それが政治の世界だと思います。
    「なぜ今、政治をテーマとした社会派ドラマを放送するのか?その意義は何なのか?」
    連日ワイドショーを賑わせている今の日本の政治状況は、正しい方向に進んでいるとは言い難く、その多くは国民感情と乖離しているのではないかと感じています。そんな時代性、このタイミングだからこそ日本政治の表と裏、希望と闇を描き、「正義の価値観とは」「何が善で何が悪なのか」を多くの人に問いかけてみたいと思いました。
    原作は真山仁さんの『標的』。主演は前作に引き続き、巨悪に向かって猪突猛進する特捜検事・冨永を演じる玉木宏さん。そして、政治の世界をしたたかに生き抜く、日本初の女性総理候補・越村みやびを名取裕子さんに演じて頂きます。
    先日、クランクインした現場は凄まじい熱気に包まれています。玉木さん、名取さんを始め豪華なキャスト陣が役と真摯に向き合い、ぶつかり合う芝居合戦は圧巻の一言です。そして、これから撮影する2人が対峙するクライマックスのシーンが今から楽しみでなりません。きっとドラマ史上に残る名シーンになると確信します。緻密な描写と骨太のストーリーを軸に、重厚な社会派ドラマに仕上げ、視聴者のみなさんにお届けします。ぜひご期待下さい!

    あらすじ

    ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的

    民自党新総裁に、厚生労働大臣の越村みやび(名取裕子)が選出される。有能で行動力もあり、国民からの支持も厚い政治家だ。ひと月後には臨時国会を経て、日本初の女性総理大臣が誕生するというニュースに、日本中が湧き立つ中、冨永真一(玉木宏)ら東京地検特捜部は、ニュースを静かに見つめていた――。
    発端は1か月前に遡る。副部長・羽瀬喜一(奥田瑛二)に呼び出された冨永と藤山あゆみ(滝沢沙織)は、次のターゲットがみやびだと告げられる。数日前、部長・岩下希美(羽田美智子)の前に、ヤメ検弁護士の宮崎穂積(本田博太郎)が、医療コンサルタント会社『JWF』の元債務責任者・片岡司郎を連れて現れた。片岡曰く『JWF』社長・楽田恭平(中村俊介)がみやびに賄賂を贈り、見返りにライバル社に対する取り締まりの強化や法改正を強く求めたという。しかも2人は、高額な施設に入居できない高齢者のための施設「サービス付き高齢者向け住宅(=サ高住)」を取り締まる法案「社会福祉健全化法案」を成立させようとしていた。「サ高住」は認可を待たずして簡単に建設できることから、悪徳業者が増え社会問題になっていたのだ。

    その頃、総裁選へ出馬する決意を固めたみやびは、現総理大臣・黛新太(柴俊夫)に後見人を依頼。当選後は最高顧問にすると聞いた黛は、数日後、記者の前で後継者にみやびを指名する。そんなみやびには夫がいる。かつては政治活動に没頭、今は金沢の酒造会社を経営する俊策(岩城滉一)だ。彼女を応援しながらも、俊策は黛を後見人に置くことを懸念する。

    ドラマスペシャル 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的

    冨永は五十嵐鉄夫(萩原聖人)らと共に、宮崎と片岡の聴取を行う。片岡が持っていた証拠は、法案を通すため、みやびが楽田に反対派を寝返らせる資金3億円を要求する音声。しかし片岡は楽田と3億円を届けたが、受け渡す現場を見ていなかった。焦った宮崎は裏帳簿のコピーを証拠として提示。だが不確定要素が多い聴取内容に、羽瀬も証拠にならないと声を荒らげ、冨永は、みやびへの告発に執着する宮崎に違和感を覚えていた。
    一方、「サ高住」について取材することになった新聞記者・神林裕太(勝地涼)は、詳しい話を聞くため楽田を訪ねる。法整備が必要だと説きつつ、より高額な“ハイパー・サ高住”を計画している楽田に、神林は、政府を後ろ盾に介護ビジネスでの荒稼ぎを画策しているのではと、きな臭さを感じる。

    特捜部に楽田との音声が持ち込まれたことを知ったみやびは、がく然とする。みやびの言い分を「言い訳だ」と突っぱねつつ、今回だけはと許す黛。ほどなくして、特捜部は法務省から捜査の中止を命じられる。それでも冨永は個人の責任で捜査を続け、決定的な証拠を探し出そうとするが…。
    すべては総裁選絡みの策略なのか?みやびはシロなのか?それとも…?

    「巨悪は眠らせない」――わずかな可能性から3億円の流れを追う冨永が、執念で辿り着いた真実とは!

    番組概要

    番組名 ドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」
    原作 真山仁 『標的』 (文藝春秋刊)
    放送日 2017年10月4日(水)夜9時~夜10時48分
    出演 玉木宏/勝地涼 萩原聖人 羽田美智子 滝沢沙織/中村俊介 田中哲司 黒川智花
    本田博太郎 田村亮/柴俊夫 岩城滉一 奥田瑛二/名取裕子
    監督 権野元(「相棒」「5人のジュンコ」「テミスの求刑」ほか)
    脚本 金子ありさ(「花燃ゆ」「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」映画「おかえり、はやぶさ」ほか) 
    プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京) 田辺勇人(テレビ東京)
    藤尾隆(テレパック) 金澤友也(テレパック)
    制作協力 テレパック
    製作著作 テレビ東京
    同時放送 テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送

    ランキング