KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

森田藻己「竹の中の大工」

今日の作品は、伝説の根付師、森田藻己作『竹の中の大工』。根付は印籠などのひもの端に付ける留め具。今やジャパニーズアートとして世界中で人気を博していますが、大正・昭和の藻己の活躍によって、根付はさらなる進化を遂げたといいます。

この根付の大きさは、縦3.5㎝、横2.5㎝の手のひらにすっぽり収まるサイズ。一本の竹筒のようになっていて、さらにその上にも、ある粋な理由で竹の細工があしらわれています。驚くのはひとつのツゲの木片から彫り上げられているということ。一体どうやって彫られたのでしょうか。

明治12年に東京で生まれた森田藻己は、14歳から名工として知られた師匠のもとで技術を習得し、28歳で独立。どんな造形にも挑んだ作家で、写実的な世界を追求しました。目をこらし、対象を見つめ続け、アイデアを膨らます…その精緻を極めた技の集大成が『竹の中の大工』なのです。その筒の中を覗くと、大工さんの姿が…。なぜ横を向いた大工さんを施したのでしょうか。そして独特な褐色の正体は?そこには藻己ならではのもくろみがありました。日本が誇る超絶技巧の世界に迫ります。

PAGETOP

  • 解説
  • 今後の放送予定
  • バックナンバー
  • テーマ曲
  • よくあるご質問
  • ご意見・ご感想
  • TOPへ戻る
書籍販売情報 CD販売情報 ビデオ化待望の第二弾 豪華BOXセット発売中!