KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

丹羽三雄作「旧大社駅」

今回の作品は、島根県・出雲大社への表玄関として1924年、改築の末、完成した、丹羽三雄作『旧大社駅』です。2004年、国の重要文化財に指定されました。左右対称の佇まいが美しい、木造平屋建ての社殿のような駅舎。日本で重要文化財に指定されている駅は、東京駅、門司港駅、そしてこの旧大社駅の3つだけです。

旧大社駅は、丹羽が理想とする建築美を追求した、和洋折衷の大正モダニズム建築です。彼の思想が顕著に表れているのは、220平方メートルに及ぶ広大な三等待合室。日本の木造建築であるにもかかわらず、梁を支える柱がない開放的な造り。これほど広い空間を、柱を立てずに作るのは日本の伝統的な建築方法では困難です。丹羽はどのようにしてこの建築を可能にしたのでしょうか?

また、長い間、旧大社駅の設計者は“建築の巨人”伊東忠太とされていました。しかし、平成になって、偶然出てきた札に、「設計者・丹羽三雄」との記載が!一体なぜ伊東が設計者だとする説が出回ったのでしょうか?丹羽がこの駅舎に込めた思いに迫ります。

PAGETOP