KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

ダヴィッド「皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」

1804年、ノートルダム大聖堂で皇帝に就任した、フランスの英雄ナポレオン。今日の作品はその戴冠式を描いた、あまりにも有名な一枚です。およそ高さ6m×幅10mの中に英雄が栄光の絶頂に立つ姿が描かれ、見る者を圧倒します。作者のジャック・ルイ・ダヴィッドは、新古典主義を代表する画家。ナポレオンの首席画家として筆をふるい続け、地味だったナポレオンを英雄のイメージに沿う容姿に描き、“英雄”に押し上げました。中でもこれは、ナポレオンのために描いた最大かつ最高傑作といわれる作品です。

実はこの絵と同じ戴冠式をモチーフにした版画が存在します。こちらのナポレオンと皇妃は、教皇を前にうつむいているのに対し、今日の作品は普通ではありえない、英雄自らが冠を持ち、妻に掲げるという“非現実”な光景。実はナポレオンはある狙いのもと、この場面を描かせたといいます。

その他にも数々のイメージ戦略があったのですが、一方で皇妃やダヴィッドは、転落に向かう英雄への数々の「警告」を発していたのです。そして民衆を騙すつもりが最後には自らが騙され、以降人生が転落していくナポレオン…「騙すつもりが騙される」とは一体?英雄の絶頂期を描きながら、彼の栄光から転落へのさまざまな“落とし穴”が潜む、最高傑作の秘密に迫ります。

PAGETOP

  • 解説
  • 今後の放送予定
  • バックナンバー
  • テーマ曲
  • よくあるご質問
  • ご意見・ご感想
  • TOPへ戻る
書籍販売情報 CD販売情報 ビデオ化待望の第二弾 豪華BOXセット発売中! プレゼント応募はこちら