KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

ジョン・エヴァレット・ミレイ「オフィーリア」

オフィーリアとは、シェイクスピアの4大悲劇のひとつ「ハムレット」のヒロイン。縦76.2㎝横111.8㎝の油彩画に描かれた、むせ返るような緑の中で川に浮かぶ彼女は、夫ハムレットに欺かれ正気を失い、誤って川に落ち、死を迎えようとしています。そのまなざしは恍惚なのか絶望なのか…。圧倒的な自然描写にも驚かされます。

作者は19世紀、イギリス画壇に革命をもたらした男、ジョン・エヴァレット・ミレイ。その非凡な才能から幼少の頃より「神童」と称えられ、わずか11歳でロイヤル・アカデミーの学生に。ミレイは、仲間たちと「ラファエル前派兄弟団」を結成し画壇に反旗を翻しますが、その作品は轟轟たる非難を浴びることに。その屈辱をバネに発表されたのが今回の作品でした。

そんな『オフィーリア』が「描かれた場所」、彼女の周りにある植物に秘められた「示唆と暗喩」、どこかに描かれた「コマドリ」の意味をたどると、この作品がひと際輝き、神々しく見えてくるのです。
なぜこの絵が美しいのか?ミレイは絵の主役をどう描いたのか?その恐ろしいまでの執念が明らかに!

PAGETOP

  • 解説
  • 今後の放送予定
  • バックナンバー
  • テーマ曲
  • よくあるご質問
  • ご意見・ご感想
  • TOPへ戻る
書籍販売情報 CD販売情報 ビデオ化待望の第二弾 豪華BOXセット発売中!