KIRIN

美の巨人たち4週連続スペシャル『琳派』シリーズ

2015年10月10日・17日・24日・31日 土曜 夜10:00~放送/BSジャパン 2015年 11月4日・11日・18日・25日 水曜 夜11:00~放送

?美の巨人たちでは4週連続でたっぷりと琳派の名品の数々をご紹介。シリーズで琳派の魅力全てをお見せいたします。

  • 第一回 10/10(土) 本阿弥光悦 「舟橋蒔絵硯箱」
    江戸初期に活躍した光悦は、400年前、京都に理想の芸術村を築き上げます。やがてその村は流行の発信地となりました。書の達人だった光悦は、総合芸術プロデューサーとして、この作品で平安時代から続く硯箱の伝統をガラっと変えてしまいました。 ほぼ正方形に作られた木製漆塗で、数隻の小舟、川面の波は金粉をびっしり振った蒔絵の技法で描かれ、その上には黒々とした塊が。ふた全体には光悦の流暢な銀の文字が散りばめられています。特徴的なのは異様なほどに盛り上がったふた。硯箱をここまで膨らませる必要性はないはずなのですが、そこには一体どんな意味が…?およそ400年前、この不思議な硯箱で光悦はどんな奇跡を起こしたのか?どのようにして作り上げたのか?時代を超えた奇跡の国宝、そして琳派という一大流派の始まりに迫ります。
  • 第二回 10/17(土) 本阿弥光悦 & 俵屋宗達 「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」
    書の達人・本阿弥光悦と、天才絵師・俵屋宗達の夢のコラボ作品。琳派はここから始まったと言われる傑作です。長さ13mにも及ぶ巻物で、宗達が描いた無数の鶴の下絵の上に、光悦が三十六歌仙の和歌を記しています。 宗達が描いた鶴の体は銀泥、くちばし・尾羽根・足には金泥が使われ、乱舞を繰り返しながら、遥か高みへと舞い上がり、海の上を渡って行きます。その数137羽! 宗達の類稀なる才能を見出した光悦は、決して出しゃばらない宗達の下絵に多くの書をしたためてきました。ところがこの作品では、圧倒的に鶴の下絵が主張しています。宗達は鶴の飛ぶ姿を、恐るべき眼で捉えていたのです。その迫力に負けじと、光悦は琳派第一人者ならではの技量とセンスで立ち向かいますが…。宗達と光悦、二人の天才がひとつの作品の中で繰り広げた戦いの結末は!?
  • 第三回 10/24(土) 俵屋宗達 「杉戸絵」
    京都市内にある養源院は徳川家ゆかりの名刹。1594年、豊臣秀吉の側室、淀が亡き父・浅井長政の菩提を弔うために建立しました。その後火災に見舞われ、再建を果たしたのが淀の妹・江。『杉戸絵』はその再建時に生まれたのですが、何故、扇屋の主だった宗達に白羽の矢が立ったのでしょうか? 養源院の入口を飾る大きな杉戸に描かれたのは唐獅子。白い獅子は、猛獣らしさはないものの目を見開き何かを見つめ、金色の獅子はなんともおどけたポーズで、まっすぐこちらを睨みつけています。長い廊下の先の杉戸絵には二頭の白象が。丸々とした巨体は、宗達が一気に書き上げたといいます。当時、ここまで大胆且つユーモラスに生き物を描いた絵師は、恐らく宗達ただひとり。今でいえば、まさに“ゆるキャラ”です。 この作品は、宗達にとって絵師として初めての大仕事でした。しかも杉板というかなり特殊な画面に、流派に縛られない宗達ならではの前代未聞の技法と空間演出で描きました!師匠・光悦から受け継いだ心意気とは…。
  • 第四回 10/31(土) 酒井抱一 「夏秋草図屏風」
    江戸琳派を作り上げた天才絵師の最高傑作。二曲一双の屏風ですが、驚くことに、あの尾形光琳による『風神雷神図屏風』の裏に描かれています。銀地に描かれたのは夏草と秋草。頭を垂れた群生する青薄が描かれた右隻『夏草図』には、見事なまでの鮮やかさと緻密さの中に、どこか寂しげな草花が。一方、左隻『秋草の図』は、吹き飛ばされそうに揺れる葛の葉、ススキの伸びた穂と、赤く色づいた蔦の葉が、深まる秋を告げています。しかし描かれているのは、それまで琳派ではあまり取り上げられなかった草花ばかり。なぜ偉大なる先人の絵の裏に、『風神雷神図』と相反するかよわい草花を銀地に描いたのか?実は表と裏に描かれた対照的な世界に、琳派という芸術の究極の絆が秘められていたのです。

シリーズを通して、10万円分の旅行券・琳派展ペアチケット・琳派展写真集をセットでプレゼント

4週連続応募で当選確率が10倍になります。
詳しくは放送をご覧ください。

プレゼントのご応募はこちらから