放送バックナンバー

テーマ
秋の逸品!季節を愛でる和スイーツ
ゲスト

ゲスト 山口 もえ

リポーター 藤原 倫己
放送内容

■さつまいもジャム
材料

さつまいも………………200g
水…………………………大さじ4
砂糖………………………35g
無塩バター………………10g
生クリーム………………小さじ2

<作り方>
1) さつまいもは皮をむき1.5cmくらいのさいの目に切る。
2) 1)を水でさらし、水が白く濁らなくなったら鍋に入れてひたひたの水を入れて、柔らかくなるまで煮詰める(弱火で5分~10分)。
3) 2)のお湯をきり、裏ごしして鍋に戻す。
4) 3)に砂糖、水、生クリームを加え混ぜる。
5) 4)を鍋に入れ火にかけ混ぜながら水分を飛ばす。
6) 水分が無くなってきたら無塩バターを入れて溶けるまで混ぜる。

■栗大福
材料(6個分)

切り餅………………………6個
こしあん……………………180g
片栗粉………………………適量

<渋皮煮>
栗……………………………6個
砂糖…………………………250g
重曹…………………………小さじ1/2
水……………………………適量

<作り方>
1) 栗は一晩、水につけて皮をむく。
2) 鍋に栗を入れひたひたの水を加え火にかけ、沸騰したら重曹の半量を入れ、湯の色が変わってきたら湯を捨てる。この作業を2回繰り返す。
3) 鍋に2)の栗と砂糖を分量の半分入れ、沸騰したら火を止め、4時間おく。
4) 3)を火にかけ残りの砂糖を入れ溶けたら一晩おく。
5) 切り餅を耐熱容器に入れ、ひたひたの湯を入れレンジで5分加熱し(500W)ザルにあげる。
6) 片栗粉の上に5)をあげ、1個分を取り、平らにのばし、こしあん、栗を乗せ丸く包む。

■和風じゃがいもスイーツ
材料(12個分)

じゃがいも……………中4個~5個(500g)
砂糖……………………150g(ジャガイモの量に対し1/3)
食紅……………………少々

<作り方>
1) じゃがいもは蒸して熱いうちに皮をむき裏ごしする。
2) 1)をボウルに入れ砂糖を入れて混ぜ合わせる。
3) 2)を少々取り食紅で色をつけ、残りを12等分しおく。
4) 3)を丸めて上に色付けしたものをのせ、ふきんでしぼる。

■今回ご紹介したお店
「四谷 十三里屋」
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-8
TEL:03-5379-1341
営業時間:10:00~18:00
・黄金蜜大学芋 1箱 600円

「大角玉屋」
住所:〒- 東京都新宿区住吉町8-25
TEL:03-3351-7735
営業時間:9:00~19:30
・栗大福 210円

「まちだ庵」
住所:〒194-0021 東京都町田市中町3-24-6
TEL:042-723-1634
営業時間:9:00~19:00
定休日:毎月火曜日2回
・秋の上生菓子 各263円


■L4ミュージアム
「武蔵野市吉祥寺美術館 宇野信也展」
住所:〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8番16号
(JR、京王井の頭線「吉祥寺」駅 徒歩3分)
TEL:0422-22-0385
宇野信哉店展 期間:2013年9月14日(土)-10月20日(日)
開館時間:午前10時~午後7時30分 音楽室は午前9時~午後9時
休館日:毎月最終水曜日 年末年始(12月29日~1月3日)
展示替および施設の保守点検等のため、臨時に休館することがあります。
入館料:100円(小学生以下・65歳以上・障害者は無料)
備考:時代小説を中心に多くの挿画、装丁画を手掛けるイラストレーター。
古風でありながら切れ味の鋭いその研ぎ澄まされた画風は、たった7色の水彩絵具から描き出されている。

ネットもテレ東