放送バックナンバー

テーマ
イカ特集
ゲスト

■ゲスト 榊原  郁恵

■専門家 日本料理 雄  店主 佐藤 雄一

放送内容

■日本料理 雄
住所:〒150-0012 渋谷区広尾1-15-3
アクセス:JR恵比寿駅 徒歩5分
地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩5分
TEL:03-5793-8139
営業時間: 12:00~14:00 18:00~

■時短イカ飯
<材料(2人分)>
イカ(胴)……………1パイ
ご飯……………………100g
ウド……………………10g
タケノコ………………10g
しょう油………………50ml
酒………………………50ml
みりん…………………50ml
砂糖……………………少々
山椒……………………少々
バター…………………20g

<作り方>
1) イカは皮をむきよく洗う。
2) フライパンにバター(分量の半分)を溶かしウド、タケノコ、ご飯を炒める。
3) 2) を1) に詰める。
4) しょう油・酒・みりん・砂糖・山椒を合わせる。
5) フライパンに残りのバターを溶かし、3) をソテーし4) のソースをからめて照り焼きにする。

■イカのさつま揚げ
<材料(2~4人分)>
イカ(ゲソ)………1パイ分
すり身………………80g
卵白…………………1個分
酒……………………大さじ1
塩……………………小さじ1
水溶き片栗粉………適量
ニンジン……………少々
キクラゲ(水で戻したもの)………少々
油……………………適量

<作り方>
1) イカ・すり身・卵白・塩・酒・水溶き片栗粉をフードプロセッサーにかける。
2) ニンジン・キクラゲはせん切りにし、1) に加える。
3) 2) を適量取り、丸く形を整える。
4) 油を引いたフライパンで両面に焼き色がつくまで焼く。

■イカしんじょう・木の芽あんかけ
<材料(2人分)>
イカ(ゲソ)……………1パイ分
タラのすり身……………80g
卵白………………………1個分
酒…………………………大さじ1
塩…………………………小さじ1
水溶き片栗粉……………大さじ1
ニンジン…………………少々
キクラゲ(水で戻したもの)……少々

<木の芽あん>
ダシ………………………400ml
木の芽……………………適量
水溶き片栗粉……………適量
塩…………………………少々
薄口しょうゆ……………少々
みりん……………………少々
ショウガのしぼり汁……小さじ1

<作り方>
1) イカ・すり身・卵白・塩・酒・水溶き片栗粉をフードプロセッサーにかける
2) ニンジン・キクラゲはせん切りにし、1) に加える。
3) まきすにラップをのせ2) を棒状にし蒸し器で約10分程蒸す。
4) 鍋にダシ・調味料・ショウガのしぼり汁を煮立てて、水溶き片栗粉を加え、とろみをつけ木の芽を入れる。
5) 3) を適当な大きさに切り、4) をかける。

■イカソーメンのショウガゼリー仕立て
<材料(2人分)>
イカ(エンペラ)…………………1パイ分
ダシ…………………………………120ml
薄口しょうゆ………………………20ml
みりん………………………………20ml
ショウガのしぼり汁………………少々
板ゼラチン…………………………3g
水……………………………………適量
オクラ………………………………2本
柚子…………………………………少々

<作り方>
1) イカは皮をむき細く切る。オクラは下ゆでし細かくたたく。
2) 鍋にダシ・薄口しょうゆ・みりん・板ゼラチン(水でふやかしたもの)を煮立て容器に移して冷やし固め、ショウガ汁を加える。
3) 器に2) のショウガゼリー・オクラを盛りイカ・刻んだ柚子をのせる。

■イカのルイべ
<材料(2人分)>
イカ(胴)…………………1パイ
イカの肝……………………1パイ分
塩……………………………少々
しょう油……………………50ml
酒……………………………50ml
みりん………………………50ml
ゆず…………………………適量

<作り方>
1) イカは皮をむく。
2) 肝に塩をして30分置き水で洗い流して、水気をふきとる。
3) 合わせ調味料(しょう油・酒・みりん)にゆずの頭部分を切ったものをのせる。
4) 3) に2) の肝を1時間つける。
5) 1) に4) を巻き冷凍庫で凍らせる。

■炙りイカのキウイソース
<材料(2人分)>
イカ(胴)……………1パイ
キウイ…………………2個
薄口しょう油…………小さじ2
酢………………………小さじ2

<作り方>
1) イカは皮をむき5mmの短冊に切り隠し包丁を入れバーナーで炙る。
2) ミキサーにキウイ、薄口しょう油・酢を入れ撹拌する。
3) 器に2) をいれ1) を盛り付ける。

冬にほっこり あったか湯めぐり
■乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」
場所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
アクセス:JR田沢湖駅下車 駅前定期バスから「アルパこまくさバス停」まで
行き、鶴の湯温泉に連絡の後、送迎車が迎えにきます。
※乳頭線のバスは1時間に一本のみ 田沢湖駅に着きましたら何時のバスに乗られるかお電話下さい
TEL:0187-46-2139
FAX:0187-46-2761
入浴料:500円
※毎週月曜日は、露天風呂清掃の為、日帰り入浴は内湯のみとなります。
月曜が祝祭日の場合は、直近の平日が清掃日となります。

温泉の効能:高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、皮膚病、糖尿病他
料理名:山の芋鍋(やまのいもなべ)
値段:700円(一人前から注文可能)

ネットもテレ東