放送バックナンバー

テーマ
和の巨匠×栄養士!旬の根菜で極上健康レシピ!!
ゲスト

北島三郎


専門家:黒田 廣昭
帝国ホテル 東京 なだ万
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテル 東京地下1階
電話番号:03-3503-7981
営業時間  平日 :朝 7:00-10:00 (L.O 9:30)
昼 11:30-15:30 (L.O 14:30)
夜 17:00-22:30 (L.O 21:30)
土日祝:朝 7:00-10:00 (L.O 9:30)
昼 11:30-17:00
夜 17:00-22:30 (L.O 21:30)
アクセス:地下鉄日比谷線「日比谷駅」A-13番出口より徒歩1分
地下鉄銀座線・丸ノ内線「銀座駅」C-1出口より徒歩5分
JR「有楽町駅」日比谷口より徒歩5分


専門家:佐藤 秀美(管理栄養士)

放送内容

◆根菜のすり流し
材料(4人前)
大根…………………………100g
ゴボウ………………………25g
ニンジン……………………20g
サツマイモ…………………30g
煮干し………………………4本
出汁…………………………360ml
酒……………………………小さじ2
みりん………………………小さじ2
薄口しょう油………………小さじ2
水溶き片栗粉………………少々
柚子…………………………適宜

<作り方>
1)  サツマイモは皮を剥いて蒸し、裏ごしする。
2)  大根・ゴボウ・ニンジンをさいの目切りにする。
3)  火にかけた鍋に水(分量外)・2)を入れ、5分煮る。その後具材の水気を切り、酒・みりん・薄口しょう油・煮干し・出汁1カップ(200ml)を入れ、約20分煮て冷ます。
4)  3)をミキサーにかける。
5)  鍋に4)(200g)・出汁(160ml)を入れて煮る。1)(さつまいものペースト30g)を入れ。水溶き片栗粉でとろみをつける。
6)  器に盛りつけ、みじん切りにした柚子をかけたら完成。 

◆根菜グラタン
材料(2人前)
大根………………………………10g
ニンジン…………………………10g
レンコン…………………………10g
コンニャク………………………10g
シメジ……………………………15g
バター……………………………10g
酒…………………………………小さじ2
薄口しょう油……………………小さじ1
みりん……………………………小さじ1
ピザ用チーズ……………………20g

~ベシャメルソース~
小麦粉…………………………大さじ1
バター…………………………10g
牛乳……………………………3/5カップ
白味噌…………………………小さじ2
サトイモ………………………1/2個
砂糖……………………………小さじ1
塩………………………………少々
コショウ………………………少々

<作り方>
1)  大根・ニンジン・レンコンは皮を剥き、さいの目切りにする。   コンニャクもさいの目切りにする。シメジは大きめのものは半分に割く。
2)  大根・ニンジン・レンコンは5分、コンニャクは1分ゆでる。
3)  フライパンにバターをひき、水気をきった2)を炒める。 酒・みりん・薄口しょう油を入れる。
4)  ボウルにベシャメルソース(作り方は下記参照)汁気をきった3)を入れて混ぜる。
5)  耐熱容器に4)を入れ、ピザ用チーズをのせる。150℃のオーブンで7分加熱、または500Wの電子レンジで20〜30秒加熱してからオーブントースターでチーズに焼き目をつけたら完成。

~ベシャメルソース~
1)  サトイモは皮を剥いて蒸し、裏ごしする。
2)  火にかけた鍋に牛乳を入れる。
3)  別の鍋にバターを入れて火にかける。火からはずして小麦粉を入れ、再び火にかけて混ぜる。再度火からはずして、温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ再び弱火にかけて混ぜる。火からはずして1)を入れ、火に戻してから混ぜる。 再度火からはずして、白味噌・砂糖・塩・コショウを入れて火にかけて混ぜる。
4)  3)を裏ごしする。 

◆根菜ギョーザ
材料(2人前)
ニンジン…………………………15g
大根………………………………20g
大根の葉…………………………6本
ゴボウ……………………………15g
サトイモ…………………………1/3個
ゴマ油……………………………小さじ1
チキンコンソメ…………………小さじ1/2
砂糖………………………………小さじ1/4
ギョーザの皮……………………6枚
大根おろし………………………適宜
一味唐辛子………………………適宜
ポン酢……………………………適宜
サラダ油…………………………大さじ1

<作り方>
1) サトイモは皮を剥いて蒸し、裏ごしする。
2) 大根・ニンジンは皮を剥き、ゴボウは皮を剥かずに、小さめのさいの目切りにする。大根の葉は粗みじんにする。
3) 大根・ニンジン・ゴボウを中火で約5分ゆでる。
4) 大根の葉は軽く湯通しし、氷水につける。
5) フライパンにゴマ油をひき、水気をきった3)・4)を入れて炒める。
6) ボウルに5)・1)・砂糖・チキンコンソメを入れて混ぜる。
7) ギョーザの皮で6)を包む。   火にかけた別のフライパンにサラダ油をひき、ギョーザを入れアルミホイルで落とし蓋をする。焼き色がついたら裏返し、水(分量外:大さじ1)を入れてアルミホイルで落とし蓋をする。
8) お皿に盛りつけ、大根おろし・一味唐辛子・ポン酢を添えたら完成。

◆銀ダラの根菜味噌がけ
材料(2人前)
ゴボウ…………………………35g
レンコン………………………35g
コンニャク……………………20g
ニンジン………………………20g
ショウガ………………………1/3片
赤味噌…………………………大さじ3
酒………………………………大さじ4
出汁……………………………大さじ4
砂糖……………………………大さじ2
みりん…………………………小さじ2
一味唐辛子……………………少々
ゴマ油…………………………小さじ2
銀ダラ…………………………2切
塩………………………………少々
コショウ………………………少々
サラダ油………………………小さじ2
ネギ(千切り)………………適宜
柚子の皮(千切り)…………適宜

<作り方>
1) ゴボウは皮を剥かずに、ニンジン・レンコンは皮を剥いてみじん切りにする。   コンニャク・ショウガをみじん切りにする。
2) ボウルに赤味噌と酒大さじ2を入れて混ぜる。
3) フライパンにゴマ油をひき、1)を入れて炒める。酒大さじ2・出汁・みりん ・砂糖・2)を入れて弱火で煮詰める。一味唐辛子をかける。
4) 銀ダラに塩・コショウをふり、小麦粉(分量外)をまぶす。
5) 別のフライパンにサラダ油をひき、銀ダラを焼く。   片面が焼けたら裏返して、アルミホイルで落とし蓋をする。
6) お皿に銀ダラを盛りつけて3)をかけ、ネギと柚子の皮をのせたら完成。

◆根菜蒸し寿司
材料(2人前)
レンコン……………………20g
ゴボウ………………………20g 
ニンジン……………………10g
大根…………………………20g
サトイモ……………………1/3個
シイタケ……………………2枚
出汁…………………………1カップ
しょう油……………………小さじ2
みりん………………………小さじ2
砂糖…………………………小さじ2
昆布…………………………10g
ごはん………………………200g
すし酢………………………大さじ1と1/3
ガリ(千切り)……………適宜
糸三ッ葉(ざく切り)……適宜

~厚焼玉子~
卵……………………………2個
出汁…………………………大さじ1と1/3
砂糖…………………………大さじ1
薄口しょう油………………小さじ1

<作り方>
1) ボウルに卵・砂糖・出汁・しょう油を入れ混ぜる。   玉子焼き器に流し入れ、焼きながら巻き、厚焼玉子を作る。
2) 大根・ニンジン・サトイモ・レンコンは皮を剥いて、ゴボウは皮を剥かずに、小さめのさいの目切りにする。シイタケも小さめのさいの目切りにする。
3) ゴボウは10分、大根・ニンジン・サトイモ・レンコンは5分ゆでる。 シイタケはサッと湯通しする。
4) 鍋に水気をきった3)・出汁・昆布を入れて火にかける。   沸騰してきたら、砂糖・みりん・しょう油を入れて中火で約5分煮込む。   氷水にあてて冷ます。 冷めたらザルにあけて汁気をきり、昆布を取り出す。
5) ボウルにごはんとすし酢を入れて混ぜる。4)を加えて混ぜる。
6) 器に盛りつけ、さいの目切りにした1)の厚焼玉子をのせ、ラップをして7~8分蒸す。
7) ガリと糸三ッ葉をのせたら完成。

「L4錦秋の紅葉便り」
富士河口湖紅葉まつり
2015 年10 月31 日 ~2015 年11 月23 日 まで
期間中毎日開催
入館・入場料有無:無料
【河口湖】
・ 富士五湖の1つに数えられる相模川水系の湖。
・ 富士五湖の中で最も長い湖岸線(5.48km2)を持ち、最も低い標高地点(833 m)にある。
・ 面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目 15.2m の深さ。
【もみじ回廊】
・ 大正時代に河川の氾濫から、もみじを住民の手で植えたことに始まる。
・ 現在では2kmを越える長さで60本の巨木もみじを楽しむことができる。
・ もみじ祭りのメイン会場でもある。

【問い合わせ先】富士河口湖町観光課 TEL:0555-72-3168

ネットもテレ東