放送バックナンバー

テーマ
健康長寿のカギ!長寿遺伝子活性化の(秘)3原則
ゲスト

松居 直美(まつい なおみ)


専門家:森田 豊(もりた ゆたか) 医師・医療ジャーナリスト
1963年東京都生まれ。医師・医事評論家(森田浩一郎)の長男。
88年秋田大学医学部卒業。
95年東京大学大学院医学系研究科卒業。
96年東京大学医学部附属病院助手を務め、97年ハーバード大学医学部専任講師。
2000年埼玉県立がんセンター医長。04年板橋中央総合病院部長。
医療ジャーナリスト、現役医師としてさまざまな病気の解説や、医療に関する種々の問題に取り組む。
最新刊は「ダイエットはオーダーメイドしなさい!」(幻冬舎)。
医師としての主な受賞歴に、99年米国産婦人科学会会長賞、00年日本内分泌学会研究奨励賞、
01年東京都医師会医学研究奨励賞がある。

【医療法人社団 健診会 東京メディカルクリニック】
住所:東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内
電話番号:0120-770-929

放送内容

■オススメの人間ドック

(1) ABC検診
ピロリ菌がいるか胃がんになる危険性がどこまで高いかがわかる。

(2)ロックスインデックス検査
将来、脳梗塞、心筋梗塞になりやすいかどうかのリスクがわかる。

(3)アミノインデックス検査
胃がん、肺がん、大腸がん、腎臓がん、乳がん、子宮および卵巣がんになりやすいかリスクが分かる。

(4)アレルギー36
一度に36種類のアレルギー因子を調べる事ができる。

■40代におススメの人間ドック
「胸腹部ドック」
現在日本人で最も死亡者数が多いとされる「がん」のほとんどが内臓に集中している。
このドックはそんな肺、胃、肝臓、腎臓など見つけにくい内臓の奥の病気を検査できる。

・胸腹部ドックの検査差方法「CT検査」
CT検査とは身体を細かく輪切りにした写真を撮影し、
立体映像にすることで病気がないか調べるもの。
より詳細にチェックできるので、小さな病気も見つけられる
値段:47000円


■50代におススメの人間ドック「大腸検査」
大腸がんで一番大事なのは早期発見&早期治療で、
早期に発見し治療をすれば5年後生存率が9割以上になる。
50歳を超えると大腸がんのリスクが急増するので、50歳を越えたら大腸検査がよい。

・「大腸3D-CT検査」
身体にエックス線を照射し、通過したエックス線量の差をデータとして集め、
コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化する検査。
腸を膨らませるためガスを入れるが、検査方法は寝ているだけ。
さらに内視鏡検査に比べ、食事制限の負担がが少ないのもメリットの一つ
値段35、000円


■60代におススメの人間ドック「脳ドック」
60歳以上になると脳梗塞の確立が増える。そんな脳の異常を発見できる。
脳ドックの基本となるのは、MRIなどの画像診断。
MRIとは強力な磁石でできた筒の中に入り臓器や血管を撮影する検査。
20分間寝ているだけで脳の中の隅々までチェックすることができる。
値段:29800円から


L4ホッとあったまる湯気めぐり
寿司 おさむ
住所:東京都港区白金1?25?23
営業時間:ランチ【寿司・麺】ともに11:00~15:00
ディナー17:00~23:00(L.O.21:30)
定休日:日曜日
塩麺 800円(税込み)

ネットもテレ東