放送バックナンバー

テーマ
旬のタケノコで春爛漫レシピ!
ゲスト

ゲスト:太川 陽介


専門家:中村 孝明
中村孝明貴賓館
住所:神奈川県横浜市磯子区磯子3-13-1 Brillia City 横浜磯子内
電話番号:045-753-0303
営業時間: ランチ 11:00~15:00 (LO 14:30)
ディナー17:00~20:30 (LO 20:30)
定休日:毎週火曜日(祝祭日を除く)
※ 年末年始についてはお問い合わせ下さい
アクセス:JR京浜東北線・根岸線「磯子駅」
改札を出てグランドエレベーターまでお進みください。
グランドエレベータで2階まで上がり、エレベーターホールの外に
出ると目の前に貴賓館が見えます。
※ グランドエレベーターは有料です。
suicaやPASMOを使用して通行できます


放送内容

★タケノコのアク抜きのやり方
【準備するもの】
タケノコ……………………4~5本
米ぬか………………………1・1/2カップ
タカノツメ…………………1本
【やり方】
(1)タケノコの皮に切れ込みを入れる。
(2)鍋に水(分量外:適量)・タケノコ・米ぬか・輪切りにしたタカノツメを入れる。落し蓋をして1時間~1時間半茹でる。

◆タケノコとホタルイカの梅煮浸し
材料(2人前)
タケノコ(上部)…………1/2
菜の花………………………8本
ゴマ油………………………小さじ2
ホタルイカ…………………4杯
木の芽………………………4枚

~出汁~
出汁…………………………1と1/2カップ
みりん………………………大さじ1と2/3
薄口しょう油………………大さじ1
梅肉…………………………8g

<作り方>
1)  タケノコを縦に四等分し、菜の花は半分に切る。
2) 火にかけた鍋に出汁、みりん、薄口しょう油、梅肉(8g)を入れ一煮立ちさせる。
3) 火にかけたフライパンにゴマ油をひき、タケノコ・菜の花を炒める。
4) 2)に3)を入れてしばらく火にかける。最後にホタルイカを入れ、軽く火を通す。
5)  4)を氷水に当てて冷やす。
6) 盛りつけて木の芽・梅肉(適量)を添えたら完成。

◆タケノコの木の芽味噌和え

材料(2人前)
タケノコ(上部)……………1/2
コンニャク……………………1/8枚
出汁……………………………1カップ
薄口しょう油…………………大さじ1と1/3
みりん…………………………大さじ1と1/3
酒………………………………大さじ1と1/3
玉あられ………………………適宜
百合根…………………………適宜

~木の芽味噌~
白味噌…………………………100g
みりん…………………………小さじ1と1/2
酒………………………………大さじ1と1/3 
砂糖……………………………大さじ1と2/3 
卵黄……………………………1/2個分
木の芽…………………………20枚

<作り方>
1) タケノコとコンニャクを角切りにする。
2)  鍋に1)・出汁・薄口しょう油・みりん・酒を入れて5~10分火にかける。
3) 2)と木の芽味噌(作り方は下記参照)を和えてお皿に盛り、玉あられと百合根をのせたら完成。

~木の芽味噌~
1) 鍋に白味噌・みりん・酒・砂糖・卵黄を入れて一煮立ちさせる。
2) 1)を冷やす。
3) 2)の中に、茎からとり叩いた木の芽の葉を入れて混ぜる。
  ※ お好みで青寄せ(ホウレンソウをすりつぶして水を加えて煮、浮いてくる緑の色素をすくい取ったもの)を入れると綺麗な色合いになる。

◆タケノコ餅~春の香りあんかけ~
材料(2人前)
タケノコ(下部)…………50g
タケノコ(中部)…………20g
レンコン……………………30g
白玉粉………………………大さじ2
塩……………………………少々
薄口しょう油………………少々
ネギ(千切り)……………適宜

~あん~
パプリカ(赤・黄・緑)…各1/8個
出汁…………………………3/4カップ
みりん………………………小さじ2
薄口しょう油………………小さじ1と1/2
フキノトウの蕾……………3~6個
水溶き片栗粉………………適量

<作り方>
1) タケノコ下部(50g)とレンコンをすりおろして混ぜる。絞って水気を切る。
2) ボウルに1)で出た水分と白玉粉を入れて練る。
3) 1)と2)を練り合わせる。
4) タケノコ中部(20g)を角切りにし、3)と練り合わせ、塩・薄口しょう油で下味を付ける。
5) 4)を4等分にわけて丸める。
6) 5)を500Wの電子レンジで約1分加熱する。
7)  6)に小麦粉(分量外:適量)をまぶし、170℃の油できつね色になるまで揚げる。
8) 器に盛りつけ、あん(作り方は下記参照)をかけ、千切りにしたネギをのせたら完成。

~あん~
1) パプリカをさいの目切りにする。
2) 火にかけた鍋に出汁・みりん・薄口しょう油・1)・フキノトウの蕾を入れて一煮立ちさせる。
3) 2)に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら完成。 

◆タケノコの黒香り焼き
材料(2人前)
タケノコ(上部)………………1/2
タケノコ(下部)………………2cm
ベビーリーフ……………………適宜
ミニトマト………………………1個
ソラマメ…………………………4粒
黒コショウ(粗挽き)…………少々
小麦粉……………………………適量
サラダ油…………………………大さじ1と1/3

~たれ~
みりん……………………………大さじ1
酒…………………………………1/4カップ
しょう油…………………………小さじ2
砂糖………………………………小さじ1
刺身しょう油……………………少々

<作り方>
1) タケノコを上部はくし切りに、下部は1cm幅に切る。 タケノコに隠し包丁を入れる。
2) タケノコに黒コショウをまぶして小麦粉をつける。
3) フライパンにサラダ油をひき、2)を焼き色がつくまで弱火で焼く。
4) 鍋にたれ(作り方は下記参照)を入れ、火にかけ、沸いたら2)を入れて煮詰める。
5) お皿に3)、ベビーリーフ、ミニトマト、皮をむいて素揚げにしたソラマメを盛り付けて完成。

~たれ~
1) ボウルにみりん・酒・しょう油・砂糖・刺身しょう油を入れ、よく混ぜ合わせる。

◆やわらか姫皮ごはん
材料(2人前)
米………………………2合
姫皮……………………40g
フキ(水煮)…………1/6本
木の芽…………………10枚
昆布出汁………………360ml

~昆布出汁~
水………………………2と3/4カップ
昆布……………………8cm☓15cm
塩………………………小さじ1

<作り方>
1) 米を水に浸し、30分置いておく。
2) 釜(炊飯器)に水からあげた1)と昆布出汁(作り方は下記参照)・ 姫皮を入れて炊く。
3) 2)が炊けたら刻んだフキを入れて蒸らす。
4) 3)を盛りつけ、木の芽をのせたら完成。

~昆布出汁~
1) ボウルに水・昆布を入れ、一晩冷蔵庫で寝かす。
2) 1)を鍋に入れて火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出す。
3) 火を止めて2)に塩を入れ、冷ます。

「L4生活に役立つ達人のスゴ技!」
薬草魔女の自然養生研究所
住所:東京都渋谷区神宮前4-14-13 ハイシティ表参道220
TEL: 03-6434-7108
アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩5分

<今回使用したハーブ>
・マリーゴールド
皮脂のバランスを調整する作用があり、
脂性の方も乾燥肌の方もどちらでも使えると言われるハーブ

<達人の技として紹介したもの>
・ハーブ保湿クリームの作り方
今回は上記のハーブを用いたどんな肌質の方でも使えるハーブの保湿クリームを
作ります。
煮沸消毒したビンにハーブを半分まで入れ、ハーブがひたひたになる程度
ホホバオイルを入れ日の当たる場所で2週間ねかせる。その間、1日1回降り
出来たオイルを蜜蝋で固める。


ネットもテレ東