放送バックナンバー

テーマ
春の味覚!簡単!春キャベツ中華!
ゲスト

ゲスト:八代 亜紀


専門家:陳 建太郎
赤坂四川飯店
住所:東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F
電話番号:03-3263-9371
営業時間: ランチ  11:30?15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00?22:00(L.O.21:00)
定休日:年中無休(但し年末年始以外)
アクセス:
地下鉄(有楽町線/南北線/半蔵門線)永田町駅徒歩2分(4、5、9b番出口)
地下鉄(丸の内線/銀座線)赤坂見附駅徒歩5分(D出口)


放送内容

◆春キャベツの塩味回鍋肉
材料(2人前)
春キャベツ…………………1/6玉
長ネギ………………………1/4本
青トウガラシ………………1本
新ショウガの漬物…………1片
豚バラスライス……………3枚
片栗粉………………………適量

~合わせ調味料~
塩……………………………小さじ1/2
砂糖…………………………小さじ1/4
紹興酒………………………大さじ1/2
水……………………………大さじ2
コショウ……………………少々
オイスターソース…………小さじ1/2
新ショウガの漬物の汁……小さじ1

<作り方>
1) 春キャベツを繊維に沿って一口大にちぎり、芯の部分は繰り抜いて包丁などで叩いておく。
2) 長ネギを斜め薄切りに、青トウガラシと新ショウガの漬物を斜め極薄切りにする。
3) 豚バラスライスを4等分に切り、片栗粉をまぶす。
4) ボウルに塩、砂糖、紹興酒、水を入れてよく混ぜる。   ある程度混ざったらコショウ、オイスターソース、新ショウガの漬物の汁を加えてよく混ぜる。
5) 深めのフライパンにお湯(分量外:1L)、塩(分量外:小さじ1/2)と油(分量外:大さじ1/2)を入れ、春キャベツをさっと茹で、ザルにあげて水気をよく切る。
6) 火にかけたフライパンに油をひいて3)を入れ、両面がカリッとキツネ色になるまで焼く。
7) 6)をフライパンから取り出し、豚バラを炒めた油はふきとらずにそのまま、長ネギ、青トウガラシ、新ショウガの漬物、春キャベツ、豚バラを順番に入れて炒める。
8) 7)に4)を回し入れ、全体に絡めたら完成。

◆春キャベツとタケノコのふわふわ卵スープ
材料(2人前)
春キャベツ………………………50g
卵…………………………………1個
タケノコ(上部)………………1/2
キクラゲ(戻したもの)………4枚
春雨(戻したもの)……………10g

~調味料~
油…………………………………大さじ1
お湯………………………………2・1/2カップ
紹興酒……………………………大さじ1
塩…………………………………小さじ1/4
コショウ…………………………少々
果粒スープの素…………………小さじ1
ネギ油……………………………小さじ1/2

<作り方>
1) 春キャベツは葉の部分は5mm幅の細切りに、芯の部分は薄切りにする。   タケノコは極薄切りにする。 キクラゲは食べやすい大きさに切る。
2) 強火にかけたフライパンに油をひき、溶いた卵を入れ、卵に軽く火が通ったらお湯を入れて一煮立ちさせる。春キャベツ、タケノコ、キクラゲ、春雨を入れて、紹興酒、塩、コショウ、果粒スープの素を入れて中火で煮る。   最後にネギ油を入れて軽く混ぜる。
3) 器に盛りつけたら完成。 

◆ 牛肉と春キャベツの柔らか唐辛子煮込み
材料(2人前)
春キャベツ…………………1/7玉
長ネギ………………………1/4本
ニンジン……………………1/3本
アスパラガス………………1本
牛モモ肉(ブロック)……80g
パクチー……………………適宜

~調味料~
豆板醤………………………大さじ1
水……………………………1・1/2カップ
紹興酒………………………大さじ1
しょう油……………………大さじ1/2
砂糖…………………………小さじ1/2
果粒スープの素……………小さじ1/4
コショウ……………………少々
水溶き片栗粉………………大さじ1
トウガラシの粉……………小さじ1

~牛肉の下味~
塩……………………………少々
紹興酒………………………大さじ1/2
しょう油……………………少々
コショウ……………………少々
豆板醤………………………小さじ1/2
水溶き片栗粉………………大さじ1

<作り方>
1) 春キャベツはざく切りに、アスパラガス、ニンジン、長ネギをそれぞれ斜め極薄切りにする。牛モモ肉は極薄切りにする。
2) ボウルに牛モモ肉、塩、紹興酒、しょう油、コショウ、豆板醤を入れてよく揉み込み、最後に水溶き片栗粉を入れてさらに揉み込む。
3) 火にかけたフライパンに油(分量外:適量)をひき、長ネギ、ニンジン、アスパラガスを入れて炒め、油が馴染んだら春キャベツを入れて炒める。   豆板醤を加えて軽く炒める。水、紹興酒、しょう油、砂糖、果粒スープの素、コショウを入れてニンジンがしんなりするまで煮る。弱火にして2)の牛モモ肉を一枚ずつ重ならないように入れて煮る。水溶き片栗粉を数回に分けて加え、とろみをつける。
4) お皿に盛りつけ、トウガラシの粉をふりかけ、高温に熱した油(分量外:大さじ2)を上からかける。パクチーを飾ったら完成。

◆ 春キャベツの甘酢漬け
材料(2人前)
春キャベツ……………………1/4玉
ニンジン………………………1/6本
ショウガ………………………1片
サラダ油………………………大さじ2
花山椒…………………………8~10粒
鷹の爪…………………………2本

<甘酢ダレ>
砂糖……………………………130g
酢………………………………175ml
水………………………………125ml
塩………………………………大さじ1/2
しょう油………………………小さじ1

<作り方>
1) 春キャベツを繊維に沿って手で一口大にちぎる。芯の部分は包丁の腹で叩く。
2) ボウルに春キャベツ、塩(小さじ1/2:分量外)、水(大さじ1:分量外)を入れて塩もみする。 サッと水で洗い、よく水気を切る。
3) ニンジンとショウガを千切りにする。
4) 別のボウルに甘酢ダレ(作り方は下記参照)・2)・3)を入れる。
5) 弱火にかけたフライパンにサラダ油をひき、花山椒・鷹の爪を入れて香りを油に移す。焼き色がついたら鷹の爪と花山椒を取り出し、煙が出るくらいまで熱する。
6) 4)に5)の油をかけ、ラップをして約10分漬け込む。
7) 水気を切り、盛りつけたら完成。

<甘酢ダレ>
1) ボウルに砂糖・酢を入れてよく混ぜる。   混ざったら、水・塩・しょう油を加えてさらに混ぜる。

◆四川風カレー
材料(2人前)
春キャベツ…………………1/7玉
長ネギ………………………1/4本
ニンジン……………………1/3本
アスパラガス………………1本
牛モモ肉(ブロック)……80g
パクチー……………………適宜

~調味料~
豆板醤………………………大さじ1
カレールウ…………………2片(36g)
水……………………………1・1/2カップ
紹興酒………………………大さじ1
しょう油……………………大さじ1/2
砂糖…………………………小さじ1/2
果粒スープの素……………小さじ1/4
コショウ……………………少々
水溶き片栗粉………………大さじ1
トウガラシの粉……………小さじ1

~牛肉の下味~
塩……………………………少々
紹興酒………………………大さじ1/2
しょう油……………………少々
コショウ……………………少々
豆板醤………………………小さじ1/2
水溶き片栗粉………………大さじ1

<作り方>
1) 春キャベツはざく切りに、アスパラガス、ニンジン、長ネギをそれぞれ2mm幅の斜め薄切りにする。牛モモ肉は極薄切りにする。
2) ボウルに牛モモ肉、塩、紹興酒、しょう油、コショウ、豆板醤を入れてよく揉み込み、最後に水溶き片栗粉を入れてさらに揉み込む。
3) 火にかけたフライパンに油(分量外:適量)をひき、長ネギ、ニンジン、アスパラガスを入れて炒め、油が馴染んだら春キャベツを入れて炒める。豆板醤を加えて軽く炒める。水、紹興酒、しょう油、砂糖、果粒スープの素、コショウを入れてニンジンがしんなりするまで煮る。弱火にして2)の牛モモ肉を一枚ずつ重ならないように入れて煮る。刻んだカレールウを入れてよく混ぜる。   水溶き片栗粉を数回に分けて加え、とろみをつける。
4) お皿に盛りつけ、トウガラシの粉をふりかけ、高温に熱した油(分量外:大さじ2)を上からかける。パクチーを飾ったら完成。 

「L4生活に役立つ達人のスゴ技!」
薬草魔女の自然養生研究所
住所:東京都渋谷区神宮前4-14-13 ハイシティ表参道220
Tel:03-6434-7108
アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩5分

◆今回使用したハーブ
・ラベンダー
香りが非常に強く、リラックス・安眠効果があると言われている。
・レモングラス
リフレッシュ効果、気分をさっぱりさせる効果があるといわれている。
・マリーゴールド
活力や元気を出す効果があると言われている。
・人を優雅にさせ、自信をつける効果があると言われている。

◆達人の技として紹介したもの
・ハーブポプリの作り方
今回は上記のハーブを用いたハーブポプリ
ビンに香りの強い、重いものから順番に入れていくだけ。


ネットもテレ東