放送バックナンバー

テーマ
旬の味覚!トマトの絶品イタリアン!
ゲスト

青木 隆治

専門家:神保 佳永
HATAKE AOYAMA
住所:東京都港区南青山5-7-2 B1
電話番号:03-3498-0730
営業時間:LUNCH(平日)   11:30~15:00 (l.o.14:30)
     LUNCH(土・ 日・ 祝)11:30~15:00 (l.o.14:00)
     DINNER(平 日・土)   17:30~23:00 (l.o.22:00)
     DINNER(祝・ 日)   17:30~22:00 (l.o.21:00)
定休日:不定休
アクセス:表参道駅B3出口より徒歩2分

放送内容

◆まるごとトマトの簡単リゾット
材料(4人前)
トマト………………………6個
ブイヨン……………………3/4カップ
オリーブオイル……………大さじ4
塩……………………………少々
黒コショウ…………………少々
バジル………………………6枚
米……………………………2合
パルメザンチーズ…………大さじ4

<作り方>
1) トマトはヘタをとり、下1/5を切り落とし、スプーンでトマトの中身をくり抜き、トマトの器を作る。切り落とした下1/5も使うため、とっておく。
2) ボウルに1)のトマトのタネを入れてスプーンで潰す。   ブイヨン・オリーブオイル(大さじ2)・塩・黒コショウ(少々)・ちぎったバジル(6枚)・米を入れて混ぜる。
3) 炊飯器の釜の底に1)で切り落としたトマトの下1/5の部分を並べ、その上に1)のトマトの器を並べる。
4) それぞれのトマトの器に②を入れ、炊飯器の蓋を閉めて「早炊きモード」で炊く。
5) 炊き上がったら、トマトを潰しながら全体をよくかき混ぜ、パルメザンチーズ(大さじ4)とオリーブオイル(大さじ2)を入れて更に混ぜる。
6) お皿に盛りつけ、パルメザンチーズ(適量)・オリーブオイル(適量)・黒コショウ(少々)・バジル(適宜)をのせたら完成。 

◆フルーツトマトとアイコトマトの冷製カッペリーニ
材料(2人前)
フルーツトマト………………………4個
ミニトマト(アイコトマト)………6個
ニンニク(みじん切り)……………少々
黒コショウ……………………………少々
塩………………………………………少々
バジル…………………………………6枚
オリーブオイル………………………大さじ3~4
パスタ(直径1mm以下)……………140g
冷水……………………………………少々

<作り方>
1) フルーツトマトはヘタをとってくし切りにする。   ミニトマトはヘタをとって半分に切る。
2) フライパンにフルーツトマトを入れて強火でさっと焼く。   湯気が立ってきたらボウルに移して冷やしておく。   冷めたらフルーツトマトを手で潰す。
3) 2)にミニトマト・ニンニク・黒コショウ(少々)・塩・手でちぎったバジル(2枚)・オリーブオイル(大さじ3~4)を入れて混ぜる。
4) パスタを茹で、氷水にあげて冷やす。
5) ボウルごと氷水にあてた3)にパスタと冷水を入れて和える。
6) お皿に盛りつけ、オリーブオイル(少々)・バジル(1皿2枚)・黒コショウ(少々)をかけたら完成。

◆ トマト風味の肉野菜炒め
材料(2人前)
トマト………………………1個
コチュジャン………………小さじ1
一味唐辛子…………………小さじ1/2 
ゴマ油………………………大さじ1
塩……………………………少々
砂糖…………………………小さじ1と1/2
酒……………………………大さじ2
赤ワイン……………………大さじ1
オリーブオイル……………小さじ2
煎りすりゴマ………………大さじ1
ニンニク(みじん切り)……1片
ネギ(みじん切り)…………大さじ4
鶏ムネ肉………………………1枚
玉ネギ…………………………1/2個
モヤシ…………………………1袋
ニラ……………………………1把

<作り方>
1) 鶏ムネ肉は皮をとり、一口大に切る。   玉ネギとトマトはくし切りに、ニラはざく切りにする。
2) ビニール袋にコチュジャン・一味唐辛子・ゴマ油・塩(少々)・砂糖・酒・赤ワイン・オリーブオイル・煎りすりゴマ・ニンニク・ネギ・鶏ムネ肉・玉ネギ・トマトを入れて揉む。   空気を抜いて、口を縛り、冷蔵庫で約30分漬ける。
3) フライパンにゴマ油(分量外:適量)をひき、強火で熱する。   2)とモヤシを入れる。この時、あまりフライパンを動かさないこと。   水分がなくなってきたら、よく混ぜる。   最後にニラを加えて混ぜ合わせ、塩(少々)をふる。
4) お皿に盛り付け、オリーブオイル(分量外:適量)をかけたら完成。

◆肉詰めトマトの丸々オーブン焼き
材料(4人前)
トマト…………………………4個
合挽肉…………………………200g
玉ネギ…………………………1/4個
ニンニク(すりおろし)……少々
ナツメグ………………………少々
白ワイン………………………大さじ1と1/3
塩………………………………少々
黒コショウ……………………少々
生パン粉………………………大さじ1
オリーブオイル………………大さじ6
バジル…………………………7枚
米………………………………大さじ1
ピザ用チーズ…………………40g
バルサミコ酢…………………大さじ2

<作り方>
1) トマトは上1/4を横に切り、スプーンでトマトの中身をくり抜き、トマトの器を作る。切り取った上1/4は蓋として使うため、とっておく。
2) ボウルに1)のくり抜いたトマトの中身を入れ、スプーンで潰す。
3) 玉ネギを粗みじんにする。
4) 別のボウルに合挽肉・玉ネギを入れて混ぜる。   混ざったらニンニク・ナツメグ・白ワイン・塩(少々)・黒コショウ・生パン粉・オリーブオイル(小さじ1)を入れてさらに混ぜる。   バジル(3枚)をちぎって入れ、混ぜ合わせる。
5) 耐熱皿に1)のトマトの器を並べ、中に米・4)・ピザ用チーズを順番に入れる。(※この時4)は少し残しておく。)   最後に残しておいた4)を入れ、バジル(各トマトに1枚)をのせ、1)で切り取った上1/4のトマトで蓋をする。   お皿の周りに2)を散らし、オリーブオイル(大さじ5・2/3)・塩(少々)をかけ、180℃のオーブンで約30分焼く。
6) 焼きあがったらバルサミコ酢をかけて完成。

◆ トマトゼリーとカラフルミニトマトのコンポート
材料(2人前)
ミニトマト(赤・黄・緑・紫)………各2個
水…………………………………………1と1/2カップ
グラニュー糖……………………………200g
ミント……………………………………適宜

~トマトゼリー~
トマト…………………………5~6個
板ゼラチン……………………5g
グラニュー糖…………………5g

<作り方>
1) ミニトマトはヘタをとり、湯むきをする。
2) 鍋に水・グラニュー糖を入れ、火にかける。
3) ボウルにミニトマト・熱いままの状態の2)(適量)を入れ、粗熱をとり、冷蔵庫で約2時間漬ける。
4) 器に3)とトマトゼリー(作り方:下記参照)を盛りつけ、ミントをのせたら完成。

~トマトゼリー~
1) トマトはヘタをとって乱切りにし、ミキサーにかける。
2) ボウル・ザル・コーヒーフィルターを順番に重ね、コーヒーフィルターに1)を入れ、そのままラップをして冷蔵庫に一晩入れておく。(一晩かけてトマトを漉す)
3) 鍋に2)で漉したトマトの汁を入れて火にかけ、グラニュー糖・水で戻した板ゼラチンを入れる。
4) 容器に3)を流し入れ、粗熱をとってから、冷蔵庫で約2時間冷やし固める。

「L4生活に役立つ達人のスゴ技」
達人:美的収納プランナー 草間雅子先生
『美的収納』、収納サービス、収納セミナーに関する問い合わせ先
連絡先: 03-6228-6426 (携帯電話に転送されます)
土・日曜、祝日、年末年始を除く、10:00~17:00


【達人の技として紹介したもの】
冷蔵庫の収納法を紹介。
冷蔵質の収納では下の段から順に賞味期限の近いもの分類することで
綺麗で使いやすい冷蔵室にする。
一番下の段は2・3日以内に食べきるもの
2段目は2週間以内、それより賞味期限が長いものは3・4段目に分類する。
野菜室の収納法、野菜は縦に収納すると野菜室の深いスペースを使って
綺麗に使いやすい収納ができる。


ネットもテレ東