番組で紹介した料理レシピ

乳酸キャベツ
2016年8月10日

材料
キャベツ…………1玉
塩…………………小さじ4
きび砂糖…………小さじ1/2
作り方
1) 2等分にしたキャベツを切り口から斜めに切る(角の部分から千切りしていく) 芯まで丸ごと全部千切りにする(細かく切るほど発酵しやすい。)
2) 保存袋(大)に半量のキャベツ・半量の塩を入れてなじませる。 軽くなじんできたら、残りのキャベツと塩、きび砂糖も加える。
3) 袋の上から揉んで全体をなじませて下ごしらは完成!

※キャベツは新鮮なものを使用、うま味を閉じ込めて作る保存食はエネルギーがある。
※キビ砂糖を加えることで味をまろやかにしている。
※キャベツの表面についている乳酸菌を活発化させるために、  塩を入れることで水分を引出し、密閉することで乳酸菌が活性化する

味付け
【材料】※スパイスの量はお好み
実山椒の塩漬け
→日本人の味覚にあう、解毒作用・胃腸を整える効果がある。
唐辛子
→防腐作用のために入れる
1) 保存袋にキャベツ、スパイスを入れ空気をしっかり抜いて袋の口を閉じる。
2) 口を閉じたら、500mlのペットボトル4本で重石をする。 (重石を重くすることで、キャベツの色が変わらないことと、水分がしっかり抜ける。)
3) このまま2日~6日間ほど常温で置いておく。泡(炭酸ガス)が出てきたら、発酵している。 泡が出てこなくても、味見をして酸味が出てくれば次の工程へ
4) 清潔な瓶を用意して、汁まで全部移す。蓋をしっかり閉めて、冷蔵庫で保存する。 時間がたてばたつほど酸味がでて、柔らかくなる。  酸味が出ているものはスープ・しゃきしゃきするものはサラダにおすすめ!
ネットもテレ東