番組で紹介した料理レシピ

煮貫を使った 『金目鯛の当座煮仕立て』
2016年9月8日

材料(2人分)
金目鯛…………………1尾
木綿豆腐………………1丁
生椎茸…………………4枚
ししとう………………4本
長ねぎ…………………6cm
針生姜…………………適量

<タレ>
煮貫…………………450ml
酒……………………270ml
みりん………………180ml
砂糖…………………110g

<衣>※作りやすい分量
小麦粉…………………1/2カップ
片栗粉…………………1/2カップ
ベーキングパウダー……小さじ1/4
水…………………………130ml
サラダ油…………………大さじ1
作り方
1) 金目鯛を3枚におろす。背骨・中骨を取り除き、身とあらにうす塩をあてて、30分置く。
2) 椎茸は石突きをとる。豆腐は4等分に。ししとうは串に刺してヘタを落とす。 長ねぎは蛇腹に切り込みを入れて2等分に。金目鯛の切り身は半身を4等分ずつの8切れにする。魚のあらは霜降りしておく。
3) 煮貫・酒・みりん・砂糖を鍋に入れて沸騰させたら、あらを入れて中火で15分ほど煮る。 あらをザルで漉したら、煮魚用のタレが完成。
4) 小麦粉と片栗粉を1:1の分量で混ぜて合わせ粉を作り(分量外)、金目鯛の切り身にまぶして油で揚げる。
5) <衣>の材料を混ぜて、椎茸、ししとう、長ねぎにつけて揚げる。
6) 木綿豆腐は水分が多いため、片栗粉のみを多めにまぶして揚げる(分量外)。
7) 5)・6)を二度揚げする。
8) 3)で作ったタレを沸騰させて、揚げたての食材を投入して30秒ほど煮て器に盛り付け、針生姜を添えたら完成。
ネットもテレ東