番組で紹介した料理レシピ

ひんやりトマトの和風ジュレ(トマトのうま味倍増レシピ!)
2013年6月6日

材料(2人分)
トマト…………………2個(中)
砂糖……………………大さじ1と1/2
はちみつ………………大さじ1/2
水………………………400cc

<和風ジュレ>
水………………………250cc
酢………………………大さじ1と1/2
だし醤油………………大さじ1
砂糖……………………大さじ1/2
ゼラチンパウダー……5g
万能ねぎ………………適量
作り方
1)トマトのヘタをとり、皮がむきやすいように、浅く十字の切れ目を入れて沸騰させたお湯(400㏄)に入れる。皮がむけてきたら、湯から引き上げ冷水にとり皮をむく。
2) トマトをゆでたお湯に、砂糖、はちみつを入れてよくかき混ぜ、先ほどの湯むきしたトマトを戻し入れる。トマトに味を染みこませる為にキッチンペーパーで落とし蓋をし、7~8分ほど中火で煮る。
3) トマトは粗熱をとり、冷蔵庫で2時間冷やす。

●和風ジュレの作り方
4) ゼラチンパウダーを大さじ3の水(分量外)でふやかしておく。
5) 鍋に水(250cc)、砂糖、酢、だし醤油を加えて沸騰させる。続けてふやかしたゼラチンを加え、泡だて器で1分ほどかき混ぜたら火を止める。
6) 5)を容器に流し入れ粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。固まったらフォーク等でクラッシュする。
7) 冷やしておいた先ほどのトマトの煮汁をきって器に盛り、上からジュレをトッピングし、小口切りにした万能ねぎを散らして完成。

<グルタミン酸うま味倍増ポイント>
★トマトの芯は残しておく。トマトの芯を取ってしまうとトマトの種の周りに含まれているうま味成分(グルタミン酸)が流れ出てしまう。
★トマトのグルタミン酸と、だし醤油に含まれるイノシン酸の相乗効果でうま味が倍増!

ネットもテレ東