最新情報

2018.03.02 マドンナ役の新聞記者、藤瀬祐里に3年ぶりのドラマ出演、竹野内豊と7年ぶりの共演となる上戸彩が決定!!

テレビ東京がこの春、自信を持ってお送りする!
究極のヒューマンサスペンスドラマ!!

テレビ東京では、2018年3月30日(金)夜9時からテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を放送いたします。これは先にもお伝えしているように、竹野内豊が演じる、妻を亡くし子どもと離れて暮らすことになってしまった「仕事が命」の不器用な男、新聞記者・関口豪太郎が主人公のドラマですが、この豪太郎に心を寄せ、共に連続誘拐殺人事件を追うマドンナ役の新聞記者、藤瀬祐里に、映画・ドラマ・CMなどさまざまなジャンルで活躍し、この作品が3年ぶりのドラマ出演となる上戸彩が決定いたしました。それによって、竹野内豊と上戸彩というめったに見られない豪華な2Sが実現します!竹野内と上戸の共演は実に7年ぶり。ドラマの中でも、上戸が演じる祐里は7年ぶりに豪太郎と共に事件を追うことになります。
果たして祐里と豪太郎は、真実に近づき、「誤報コンビ」と言われた汚名を返上することができるのでしょうか。ハラハラドキドキのヒューマンサスペンスにご期待ください。

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。本城は、2009年『ノーバディノウズ』で第16回松本清張賞候補となり、サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。本作『ミッドナイト・ジャーナル』は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品として話題を呼び、第38回吉川英治文学新人賞を受賞しました。
本城作品を映像化するのは、今作品が初めてとなります。

ネットニュースが溢れる今、新聞が存在する意義は何か。取材対象に逃げられ、世間から疎まれ、昼夜を問わずネタを追う記者たちの熱意は報われるのか。
このドラマは、誤報を打ち左遷された事件記者たちが、7年越しで未解決連続誘拐殺人事件の犯人を追い詰めるため、新聞社内の軋轢や警察との葛藤を乗り越え、真実を求めて奮闘するヒューマンサスペンスです。混沌と喧騒の時代の今だから見るべき、「決してあきらめない」者たちの物語!次々に明らかになる事件の新事実。目を離すことができないどんでん返しの連続。そして、事件の結末は…。

キャストページへ

コメント

上戸彩 コメント
色々な作品を見たり、読んだりしている中で「社会派の作品に出たい」と思っていたのでお話をいただいた時は「やった!」と思いました。私が演じた祐里はとても心があったかい女性だなと感じたので、その部分を大切に演じました。また、竹野内さんが主演ということで喜んでやらせていただきたいと思いました。
新聞記者役は初めてでしたが、新聞記者の方々は責任を持って取材し、多くの読者の方に届ける。それはとても大変なことなんだと思いました。
竹野内さんとは7年ぶりの共演でこの作品も豪太郎とタッグを組むのが7年ぶりということで、それも何かの縁なのかなと思いましたし、嬉しかったです。毎日楽しく演じることができました。シリーズ化を狙っています(笑)寛 一 郎さんとは初めて共演したのですが、セリフを話している感じがない、すごくナチュラルなお芝居をされる方だなと思いました。人柄もすごく柔らかいですし、明るい方です。それぞれのキャラクターや立ち位置がある中で、3人のシーンもとても楽しく撮影させていただきました。
映画を撮影しているスタッフさんが集結しているというのもありますが、ドラマという枠を超えた、とてもクオリティの高い作品に仕上がっています。ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。

プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
上戸彩さんには「華」がある。しかもその華は危うく、もろい美しさを秘めている。私は上戸さんの作品を見るにつれ、そう感じてきた。それが上戸彩という女優の魅力だと考えていた。
今回のドラマは、女優・上戸彩にとって実に「3年ぶり」となる。しかし、全くそのブランクは感じさせない。「華」は一層あでやかになり、「強さ」と「深み」が加わったからだ。貫禄さえ感じさせられる。そんな上戸さんの姿や演技表現を、いち早く視聴者の皆さんにお届けできる喜びを感じている。
今回初めて上戸さんとお仕事をしてみて、わかったことがあった。それは上戸さんがとても気遣いの人だということだ。現場でスタッフの一人一人に気を配り、若いアシスタントに至るまで声をかけ、場を盛り上げようとする様は、プロデューサーの私から見ても「神技」である。現場は全てが上戸さんを中心に回っていたといっても過言ではない。主演の竹野内さんも、寛 一 郎さんも、監督でさえも、上戸さんが何か撮影上のアイデアを出すと、嬉しそうな顔をして、「いいね!」と言う。またそのアイデアが革新的、斬新で素晴らしいのだ。当然、役者や制作陣の一人一人が積極的になり、作品の質はどんどん良くなってゆく。以前に増して上戸さんの演技に磨きがかかったことは前述したとおりだが、そういったプロデューサー的な気遣いや目配りも、この作品を成功に導いた大きな要素だと確信している。
中でも、7年前の誘拐事件の被害者の女の子と対面するシーンは、圧巻である。祐里が取材を越えて、同じ女性として女の子に真正面からぶつかってゆくこの場面に関しても、数々のアイデアが上戸さん本人から出された。そのおかげで、とてもリアリティに溢れた、ドラマ史に残ると言っても過言ではない素晴らしいシーンになった。
視聴者の皆さんは、上戸さん演じる祐里に同化した気持ちで、笑い、怒り、喜び、悲しみ、闘う。まさにそんな疑似体験をすることになるだろう。3年ぶりのドラマ出演……スケールアップした上戸彩を堪能して頂きたいと思っている。

2018.02.20 主演・竹野内豊、寛 一 郎に続き、小日向文世、松重豊ほか 超豪華共演者陣を発表!!

テレビ東京がこの春、自信を持ってお送りする!
究極のヒューマンサスペンスドラマ!!

テレビ東京では、2018年3月30日(金)夜9時からテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を放送いたします。 竹野内豊が家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な男、新聞記者・関口豪太郎を、寛 一 郎が豪太郎と共に7年前の未解決連続誘拐殺人事件を追う新人記者・岡田昇太を演じるのは既報の通りですが、このたび豪華共演者陣が決定いたしましたので、発表いたします。

豪太郎が未解決誘拐殺人事件の真実に迫る手助けをする中央新聞・本社警察庁担当の二階堂實役に、小日向文世。豪太郎の夜討ち朝駆けの取材に心を開いてゆく埼玉県警・管理官の山上光顕役に、松重豊。豪太郎の上司で陰ながら応援をする中央新聞・さいたま支局社会部デスクの須賀誠役に、升毅。豪太郎の元上司で7年前に誤報を出すきっかけになった中央新聞・本社社会部部長の外山義柾役に、木下ほうか。豪太郎の義理の母で豪太郎の娘を引き取って暮らしている西野佐恵役に、朝加真由美。何かと豪太郎を敵対視する中央新聞・本社社会部の辻本剛志役に、徳重聡。豪太郎の後輩で中央新聞・本社社会部の井上美沙役に、水沢エレナ。同じく豪太郎の後輩で中央新聞・本社社会部の加藤拓三役に、松尾諭。7年前の連続誘拐事件の被害者である清川愛梨役に、水谷果穂。
これまで様々な役を演じ分けてきた実力派俳優や期待の若手俳優が大集結!素晴らしいキャストが勢揃いしました。

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、同作でサムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品で、本城作品を映像化するのは今作が初めてとなります。

ネットニュースが溢れる今、新聞が存在する意義は何か。取材対象に逃げられ、世間から疎まれ、昼夜を問わずネタを追う記者たちの熱意は報われるのか。
このドラマは、誤報を打ち左遷された事件記者たちが、7年越しで未解決連続誘拐殺人事件の犯人を追い詰めるため、新聞社内の軋轢や警察との葛藤を乗り越え、真実を求めて奮闘するヒューマンサスペンスです。混沌と喧騒の時代の今だから見るべき、「決してあきらめない」者たちの物語!次々に明らかになる事件の新事実。目を離すことができないどんでん返しの連続。そして、事件の結末は…。

豪太郎に心を寄せ、共に連続誘拐殺人事件を追う、マドンナ役の新聞記者・藤瀬祐里の俳優名は後日発表いたします。
どうぞお楽しみに!

キャストページへ

コメント

プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
この企画の立案から実現までには2年を要した。本城雅人さんの原作にほれ込んだ私は異例にも出版前のプルーフの段階で出版社に掛け合い、映像化権を取り付けた。そして羽原大介さんにお願いをして脚本化をした。それだけにこの作品に対しては、思い入れが強い。だからキャスティングにもこだわり、細心の注意で配役を考え抜いた。羽原さんの見事な再構築で、原作とは異なった幾つかのキャストが誕生し、その個性を十分に生かした小日向文世さんや松重豊さんなどの実力派の俳優の方々に結集して頂くこととなった。皆さんが口をそろえて仰ったのは、「このデジタル時代に活字にこだわり、人間関係にこだわり、真実にこだわる『真っすぐな生き方』を貫くところが魅力的だ。だからこの企画に賛同した」ということだった。そして監督の佐々部氏は、そのキャスト陣の思いを十分に組み入れた素晴らしい演出をして下さった。視聴者の皆さんはこのドラマの登場人物たちの「真っすぐさ」や「熱さ」を時には愛おしく、時には手に汗握り応援したくなることだろう。私はそう確信している。またこの後、最後に発表するマドンナ役も楽しみにして頂きたい。豪太郎に心を寄せながら、共に真実を突き詰めてゆく「もうひとりの熱い女性」。きっと皆さんは「そう来たか!」と驚かれるに違いない。

2018.02.11 竹野内豊と共に連続誘拐殺人事件を追う 新人記者・岡田昇太役に、ドラマ初出演の寛 一 郎が決定!!

テレビ東京では、2018年春にテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を放送いたします。
竹野内豊が家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な男、新聞記者・関口豪太郎を演じるのは既報の通りですが、豪太郎とともに連続誘拐殺人事件を追う新人記者・岡田昇太役に若手俳優の寛 一 郎(父は俳優・佐藤浩市)が決定いたしました。2017年に映画で俳優デビューした後、映画「心が叫びたがってるんだ。」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」での感性溢れる演技が話題となった寛 一 郎。その寛 一 郎がドラマに出演するのは本作が初となります。
豪太郎に叱責され反感を覚えながらも、岡田は新人記者として事件とどう向き合っていくのか?このドラマでしか見られない寛 一 郎のピュアな演技にどうぞご期待ください。

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、同作でサムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品で、本城作品を映像化するのは今作が初めてとなります。

ネットニュースが溢れる今、新聞が存在する意義は何か。取材対象に逃げられ、世間から疎まれ、昼夜を問わずネタを追う記者たちの熱意は報われるのか。
このドラマは、誤報を打ち、飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘するヒューマンサスペンスです。
竹野内豊、寛 一 郎に続く豪華なキャスト陣は続報をお待ちください!

コメント

寛 一 郎 コメント
僕はドラマをやったことがないのですが、台本を読んで映画っぽい台本だなと思いました。この台本で佐々部さんが演出して、竹野内さんが主演。どうなるのか楽しみでしたね。
ドラマ初出演ということはあまり意識しておらず、目の前の作品を一つ一つやっていく、というだけでした。佐々部監督も映画の様に撮られていたので、ドラマという感覚はなかったですね。
竹野内さんとはお会いするのも初めてだったのですが、とてもフランクにものすごく優しく接してくださる方でした。
岡田を演じるにあたっては、一概に全員とは言えませんが最近の若者をイメージしました。その若者が上司の竹野内さんの熱く直向きなやり方に良い意味で影響・感化されていく話なので、竹野内さんのお芝居に色々と岡田を引っ張ってもらいました。
報道は今現在、僕達の社会に欠かせないものです。ただ僕達の聴いている、見ている報道は本当に真実なのか。真実を追い求める数少ない記者の物語になっていると思います。ぜひご覧ください。

プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
私は寛 一 郎さんの映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見て唸った。自然体でありながら、触れば壊れてしまいそうな「繊細なピュアさ」や、時折見せる「芯の強さ」という相反する二つの魅力に目が離せなかったからだ。それゆえ、是非この作品の岡田の役は寛 一 郎さんにやって頂きたいと熱望していた。しかし、「しばらくは映画しかやらない」という話を聞いていたので、無理を覚悟で事務所に交渉した。すると、共演が竹野内さん、監督が佐々部さんといったことも幸いして、「やらせてみてもいい」という返事を頂いた。そして撮影現場での寛 一 郎さんは想像以上に素晴らしかった。
一番凄いと思ったのが、「そこにいるかどうかわからないほどの自然体」という存在感である。岡田は確かに半年前からさいたま支局にいて、豪太郎の下で働き続けてきた。そう思わせるような、時間軸を飛び越えた演技表現が見事だと思った。しかし、きっとそれは意識しているのではないと思った。そして何度か現場の撮影に立ち会い、これは持って生まれたDNAともいえる、俳優としての遺伝子がそうさせているのだと確信した。私は完全に「寛 一 郎マジック」に掛かっていた。寛 一 郎さんが演じる岡田の一挙一動から目が離せなくなってしまったのである。意地悪な言い方をすれば粗探しをしたいのだが、粗が無いと言えるほどの「自然体」なのだった。
特に私にとって印象深いシーンがある。後半、豪太郎たちと事件を追ううちに意識が変わってきた岡田が警察官に直接取材をしに行く場面がある。トイレの中まで押し掛けるのだが、その中の台詞の語尾を台本通りではなく「寛 一 郎流」に変えてきたのである。テストでその魂がこもった台詞を聞いた時、「あ、変えてきた」と思った。私はそこに寛 一 郎さんの覚悟を感じたのだ。そんな寛 一 郎さんの演技表現が見られるのもこのドラマならではである。楽しんで頂きたい。
そして竹野内豊さん、寛 一 郎さんを取り巻く豪華な出演者陣もこの後発表してゆくので、楽しみにお待ち頂きたい。

2018.01.22 主演:竹野内豊 テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」2018年春放送決定!

世間を震撼させた連続誘拐殺人事件。
犯人は捕まり、事件は解決したかに思えた。
しかし・・・事件は終わっていなかった。

世紀の大誤報、警察と新聞社の攻防、立ちはだかる組織の壁。
このドラマは、様々な障害を乗り越え、今世紀最大の凶悪事件の「7年越しの真実」に挑もうとする事件記者たちの奮闘物語である。

テレビ東京では、2018年春にテレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」を放送することを決定いたしました。
主演を務めるのは、竹野内豊。家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な男、新聞記者・関口豪太郎を演じます。
これまで数々の人気ドラマや映画に出演し、幅広い役を演じてきた竹野内が、新聞記者役を演じるのはこれが初!誤報を打ち、飛ばされるも7年越しで真実を追い求める新聞記者をどう演じるのか、どうぞご期待ください。

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、同作でサムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。代表作に『嗤うエース』『シューメーカーの足音』『トリダシ』などがあり、第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品です。 また、本城作品を映像化するのは今作が初めてとなります。

ネットニュースが溢れる今、新聞が存在する意義は何か。取材対象に逃げられ、世間から疎まれ、昼夜を問わずネタを追う記者たちの熱意は報われるのか。
自らの意志を突き通すことの難しさと素晴らしさ。このドラマは、誤報を打ち飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘するサスペンスエンターテインメントです。
脇を固める豪華なキャスト陣は後日発表いたします。

コメント

主演・竹野内豊 コメント
テレビ東京のドラマに出演するのは初めてですが、いつも、何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く創られている印象がありました。そこに私も参加させて頂けた事はとても光栄なことです。
脚本は、本城雅人さんの原作『ミッドナイト・ジャーナル』を元に一部脚色を加え、演出は佐々部清監督がメガホンをとり、真実と偽りとが交錯する物語の中で、職務を全うする人。職務を越え、自分の歩む道を貫き通そうとする人。様々な人間の温度差が、個性豊かなキャストの方々で映し出されています。どうぞ最後までご覧ください!

原作者・本城雅人 コメント
撮影の一部を拝見しましたが、竹野内豊さんの迫力のある太い声に豪太郎の叫びが聞こえてきました。この物語は僕が現役の記者時代からずっと構想を練ってきた、力をこめて書いた作品です。まるで映画のような豪華なキャスト、スタッフで作られたドラマの中の記者たちが、どれだけの熱い気持ちを共有し、団結して困難な事件に挑むのか、放送日が楽しみでなりません。

プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 制作局 ドラマ制作部)コメント
新聞記者というと視聴者の皆さんはどんなイメージを浮かべるだろうか。スクープやネタをひたすら追い求める。「ウォッチ・ドッグ」として権力を叩く。どちらにしてもジャーナリズムを大上段に構えた職業とイメージする方が多いのではないだろうか。このドラマの主人公・関口豪太郎は全く違う。正直、人からどう見られようが気にしない。しかし、「人の命」には拘る。刑事でもないが、取材をして記事を書くことで人の命を救おうとするのである。そのやり方は、武骨で不器用だ。一本気で信じたことしかやらない。だから周りと衝突する。でも諦めない。

日本の俳優でそんな「不器用な役」をやらせたら竹野内豊の右に出るものはいない。私はそう確信している。お会いしてみて、実際の竹野内さんもとても真っすぐな性格だと感じた。仕事に対する姿勢は真摯で、監督に「ヨーイ、スタート!」と言われる直前まで、いかに関口豪太郎に魂を移し込もうかとセリフを咀嚼し続けているような人だった。そしてとにかくその不器用さがカッコいいのだ。女性の目には、かわいらしくも映るに違いない。竹野内マジックなのか、撮影された映像はどれもみごとに「人間・関口豪太郎」に仕上がっていたから驚きだ!
情報化、デジタル化、効率化が叫ばれる現代社会の片隅に、こういった「不器用」で「実直」な人がいて、その地道な努力の積み重ねが、実は物事を大きく動かしてゆくのだろう。視聴者の皆さんはこのドラマを見て、それを体感することだろう。 この後も続報で、竹野内さん演じる豪太郎と共に誘拐犯を追う記者メンバーの「驚くようなキャスト」を発表してゆく。楽しみにお待ち頂きたい。

バックナンバー

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト