バックナンバー

  • 2010年10月29日:脳にまつわるお得な話!あなたの脳も目を覚ます!?

(ゲスト)磯野貴理
(ミカタリスト)
川島隆太(東北大学教授)
藤田一郎(大阪大学大学院教授)

育児、教育、ビジネスなど今やあらゆるジャンルにおいて「脳」と結びつけた本がベストセラーになるほどの「脳」ブーム。しかし、「脳トレ」など「脳」にまつわる様々な話は、いったいなにが本当でなにがウソなのか!?今夜は一連の「脳トレ」ブームの火付け役となった東北大学の川島隆太教授がスタジオに登場!真実を語ります。さらに「脳」をだます錯覚の不思議と良い効果も明らかに!今夜、あなたの脳も目を覚ます!?


今年6月、科学誌「ネイチャー」が、“1万人が脳トレゲームを行った結果、論理的思考などの成績は上がらなかった”という趣旨の研究を発表した。そこで一人目のミカタリストには、「脳トレ」の産みの親・東北大学の川島隆太教授を迎え、「脳トレ」にまつわる様々な“ミカタ”を検証!


「脳トレで頭が良くなるとは限らない」川島隆太(東北大学 教授)
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をはじめ、自身の研究に基づく「脳を鍛える」身近な方法を次々と考案している川島氏。これまでに出した「脳」に関する書籍はなんと100冊以上に及ぶ。そんな川島氏は「脳トレで頭が良くなるとは限らない」という衝撃のミカタを主張!ネイチャーの論文が使用した脳トレーニングを行っている時の脳の働きを調べてみると、前頭前野が全く機能していなかったことから、川島氏は「ネイチャーの論文の結果は当然のこと」と説明する。

それでも「脳トレ」は必要!

川島氏によると、認知症患者が脳トレを行った結果、薬を飲んで治らないと考えられていた脳の働きが高まり、結果として表情が明るくなったり、話ができるようになるなどの症状の改善が見られたという。その効果的な「脳トレ」として川島氏が挙げるのが “計算”や“音読”。これらのトレーニングをあるポイントを押さえて行うことによって前頭前野の働きが非常に活発になるのだという。そこで芸能界史上最強の頭脳を持つ男・お笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規が、誰にでもできる簡単な問題と、頭の良い人にしか解けない問題に挑戦すると、驚きの結果が!?さらに川島氏が自宅で誰もが簡単にできる脳トレ法も教えてくれる。


『脳はだまされる。だから人間らしくいられる』藤田一郎(大阪大学教授)
藤田氏は世界が認める脳研究のスペシャリスト。人がものを見ているときに脳で何が起きているかを研究しており、その結果が世界でも注目されている。藤田氏によると、「見る」という行為は簡単なことのように思えて実は非常に複雑な脳の仕事だという。そこで今回は脳が作り出す不思議な「錯覚」の世界に迫る!

たけしと藤田の錯覚ショー!

藤田氏は、「見る」という行為がどういうことかを、目の錯覚を通して検証!たけしと共に、様々な「錯覚」を引き起こす仕掛けを紹介する。国分と磯野は、目の前で起こる不思議な「錯覚」の世界にびっくり!更に錯覚が実生活で上手に活用されている例も披露する。

脳にまつわるウワサ 80%がウソ

藤田氏は「世の中に流布される多くの脳に関する話はだいぶあやしいものが多い」と指摘し、“右脳と左脳の役割”や、“脳は一部しか使っていない”など、巷でよく聞く「脳」のウワサについての“ミカタ”を語る。


ページTOPへ