バックナンバー

  • 2011年2月25日:噛まないアナタは損してる!?

(ゲスト)島崎和歌子、西山茉希
(ミカタリスト)
山村健介
宝田恭子

食事の際、ただ何となく噛んでいると大変なことになってしまうかも!?戦前に比べ、1回の食事平均の噛む回数が半分以下に減っている現代。噛む回数が減ったことで顎が小さくなり歯並びが悪くなったり、歯周病や虫歯になりやすいといわれてきたが、実は記憶力の低下や老化の促進など大きな弊害が身体に起こっていることが判明!今回は噛むだけで脳が元気になる仕組みや、0円で簡単にできる最新ダイエット法なども公開します。


山村健介(新潟大学歯学部教授)
咀嚼の効能や咀嚼と脳の関係を研究するスペシャリスト。山村氏は「人はちゃんと噛まないと病気になる」と主張する。


宝田恭子(日本アンチエイジング歯科学会理事)
日本アンチエイジング歯科学会理事を務める顔エクササイズのカリスマ。宝田氏は「食べるとき、適当に噛んでいると顔がしわだらけになる」と主張。女性必見の美顔になれる噛み方を提唱する。


「正しく噛まないと病気になる!?」(山村健介)

山村氏によると、正しく噛まないことで起きる問題として、これまでも言われていた「顎が小さくなり歯並びが悪くなる」「虫歯・口臭・歯周病になりやすい」「肩こり・腰痛」「肥満になりやすい」などに加え、最近の研究では「記憶力の低下」「老化の促進」「味覚障害」「少子化(生殖機能の低下)」「頬のたるみ・二重顎」などの問題も分かってきたと言う。そのなかでも山村氏は、記憶力と噛むことの関係について「覚えるという機能は、噛むことによって良くなることがわかった」と説明する。
そこで、公務員を目指して塾に通う学生達に、図形記憶ゲームを行ってもらい、ガムを噛む前と後で正解率に違いがでるのか実験した。すると、ガムを噛んだ後の方がわずかながら正解率がアップした。しかし、噛むことによる記憶力のアップは、高齢者の方が効果は大きいということで、東京・巣鴨で高齢者に同様のゲームを実施。ガムではなくスルメを噛んでもらい、その前後で正解率を比較した。すると驚きの結果が・・・!山村氏は「噛むことで脳の重要な海馬の機能がアップする」と理由を語る。

正しく噛んでダイエット!?(山村健介・宝田恭子)

山村氏は、噛むことで体の多くの筋肉が刺激され、自律神経が活発に働き、代謝が上がって脂肪を燃焼すると主張。そこで、カロリーを気にする女性たちで実験してみることに。片方のグループには100gの白米のおにぎりを一口30回以上噛んで食べてもらい、もう一方のグループには100gのおかゆを食べてもらって、その様子を体温が色で表示できるサーモグラフィーで撮影、観察した。すると、おかゆチームの体温に変化が見られない一方で、おにぎりチームは着実に体温が上昇、さらに食べ終わった後も体温をキープし、カロリーを消費していることがわかった。
さらに山村氏は噛むことで分泌される唾液酵素には肥満防止や老化防止に重要な効能があると解説。では、噛む回数を増やすためにはどうしたらいいのか!?宝田氏は簡単な工夫で噛む回数がぐっと増える方法を提案。実際に子ども達の食事にある工夫をしてみると、噛む回数が倍以上に増えた。その方法とは!?

間違った噛み方は老け顔をつくる(宝田恭子)

宝田氏は、「老け顔」の特徴として女性が気にする、口の脇に出る“ほうれい線”について「噛むときには必ず出る線だが、姿勢としぐさに気をつけるだけで目立たなくなる」と主張する。うつむいて頬の筋肉が重力で下がった状態で噛むと、ほうれい線ができ二重顎の原因にもなるが、正しい姿勢に変えるだけで、その違いは一目瞭然!
スタジオではゲストの島崎和歌子が宝田氏から直々に正しい姿勢を教わって実践する他、正しく噛んでいるか簡単にチェックできる方法も紹介。


太一リサーチ!日本人はなぜ○○なのか!?~あなたはどこまで日本人?~

日本人にとっては常識でも、世界の目からは理解できない様々な疑問を国分太一が徹底リサーチするコーナー!今回のテーマは「噛む」。
外国人は、日本人の口まわりに対してどんな疑問を抱いているのか、外国人の方に話を聞くことに。すると、「なぜ早食いなのか!?」「なぜフルーツの皮をむいて食べるのか?」など次々に疑問が挙げられた。
そのなかで、太一は「日本人はなぜ八重歯をかわいいと思うのか!?」という疑問に注目。八重歯は欧米では「ヴァンパイアティース」と言って縁起が悪いとされているが、日本では八重歯のある芸能人も多く、最近では人工八重歯をつける女性も!
では、いったいなぜ日本人は八重歯をかわいいと思うのか!?このギモンを解決してくれるのは、精神科医の斎藤環氏。斎藤氏は「欧米の美は完璧に構築された美でないと美しいとみなされないが、日本はちょっと崩れていたり欠けていたりという破調の部分に美を見出す伝統がある」と指摘する。
さらにもうひとつの見方として、欧米と日本の“若さ”に対する価値観の違いが八重歯に対する見方に影響していると説明する。そこには年齢を重ねるに従って変化してくる八重歯の形に理由があった!?

ページTOPへ