現在の時刻

番組表

バックナンバー

  • 2011年5月6日:ストレスは解消するな!?

(ゲスト)真琴つばさ、新山千春
(ミカタリスト)
有田秀穂(東邦大学 医学部 教授)
田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)

GWも終わり、いわゆる5月病の人が増える時期ですが、あなたはどうやってストレスを解消していますか?買い物、おしゃべり、温泉、カラオケ…。皆さん思い思いの方法でストレスを解消しているよう。しかし!ストレス解消と思ってやっていることが実はストレスになっているかも!?今回はストレス対処法の新たなミカタをお届けします。


有田秀穂(東邦大学 医学部 教授)
ストレス研究のスペシャリスト。脳科学の見地から20年に渡ってストレスを研究している。「ストレスに勝とうとするな」という、これまでの常識を覆すストレス対処法が各界から注目を集めている。


田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
1988年のソウルオリンピック・シンクロナイズドスイミングで小谷実可子とペアを組み、銅メダルを獲得した田中氏。引退後、6年半アメリカに留学しスポーツ心理学・認知行動療法などを学び、現在はメンタルトレーナーとして活躍中。スポーツ選手のメンタルトレーニングを手がけるほか、一般の人に対してもストレス対処法を指導している。田中氏は「ストレスの捉え方によって感じ方が変わる」と主張する。


ストレスが溜まったら共感しろ!?(有田秀穂)

有田氏によると、人間は共感すると脳の前頭前野の血流量が増加して交感神経が優位になり、興奮している状態になる。その状態が続くとバランスを保つために副交感神経優位に切り替わり、リラックス状態になって、それがストレスをリセットするという。
では、共感のなかでもどんな種類の共感がいいのか!?ストレスが溜まっていそうな芸人・ムーディー勝山とレイザーラモンHGで実験することに。その前にストレス心理テストを実施したところ、ムーディーは「うつ傾向」、レイザーラモンは「全く元気がない」状態と指摘される。そんな二人が「喜び」「笑い」「悲しみ」を感じる映像を見ているときの脳の血流量をチェック。すると、「悲しみ」の映像を見て涙を流している時の血流量が大幅にアップした!有田氏によると、涙を流す共感がストレスリセットの大きなポイントになるという。その仕組みとは?
また、有田氏は「うれしくても悲しくても、泣く理由は何でも良い。映画やドラマ、音楽などに共感することは一番簡単なストレスリセット法だ」と話す。

ストレスがたまったらタッチしろ!?(有田秀穂)

有田氏は「人に上手に触れたり触れられたりすると、ストレスが緩和される」と主張し「タッピングタッチ」というタッチの方法を伝授。身体の共感力を高めることで心理的不安や緊張を緩和する効果があるというこの方法をスタジオで実践する。さらに、この効果を実証したあるベトナムでの試みを取材する。

ストレスをストレスと考えるな!?(田中ウルヴェ京)

田中氏は「嫌な出来事があったときに、それをどう捉えるかによってストレスの量は変わる」と説明。自分の考え方のクセをプラスに変えることが重要だとミカタを語る。では、ストレスを生む考え方のクセとは!?30-40代の主婦達の会話を田中氏にチェックしてもらうと、それぞれの言葉端々に表れる考え方から「イライラ型」(~すべきという発言が多い)「ヘトヘト型」(~でなきゃ発言という発言が多い)「オドオド型」(どうせ~という発言が多い)といったストレスのタイプを指摘。これを聞いた真琴つばさは「全部あてはまる!」と明かす。田中氏はそれぞれの対処法をアドバイスする。
さらに、誰でもできるストレス対処法として「コーピング」という、行動から感情をコントロールする誰でも簡単にできる方法を実演する。


太一リサーチ!日本人はなぜ○○なのか!?~あなたはどこまで日本人?~

日本人にとっては常識でも、世界の目からは理解できない様々な疑問を国分太一が徹底リサーチするコーナー!
外国人の目から見た、“ストレス”の疑問とは?さっそく外国人の方に話を聞いてみると「なぜ先輩・後輩関係が厳しいのか?」「なぜおつりをレシートの上にのせるのか?」など次々に疑問が挙げられた。そのなかで、太一は「なぜ日本人は麺を食べているときに音をたてるのか?」という疑問に注目。実際に外国人に、日本人が蕎麦を食べている様子を見てもらうと、明らかにイヤそうな顔に…。外国人たちに蕎麦を食べてもらうとすすらずに途中で噛み切ってしまうので全く音が出ない!
このギモンを解決してくれるのは、神戸学院大学 栄養学部・池田清和教授。
池田氏によると、日本には海外にはない“吸う文化”があるからだと説明。ではなぜ日本では吸う文化が発達したのか?そこには箸を使う国ならではの理由があった!さらに、味だけでなく“のど越し”を楽しむという日本人の特徴や、「すする」ことによってより美味しさが増す仕組みを理由に挙げる。「すする」行為の驚きの効果とは!?

ページTOPへ