バックナンバー

  • 2011年6月3日:楽して作れ!キレイな見た目!?

(ゲスト)杉本彩、元木大介
(ミカタリスト)
福永哲夫(鹿屋体育大学学長 東大名誉教授)
宝田恭子(日本アンチエイジング歯科学会理事、歯科医師)

薄着でスタイルもあらわになる“夏”はすぐ目の前!それを気にしてダイエットに励んでも「なかなか結果が出ない…」という人も多いのでは?そこで今回は、2人のスペシャリストが、日常生活をちょっと工夫して過ごすだけで、スッキリした見た目を実現できる簡単シェイプアップ法をお教えします。


福永哲夫(鹿屋体育大学学長 東大名誉教授)
トレーニング科学のスペシャリスト。ダイエットをしてもなかなか痩せない原因として「貯筋不足」を指摘する福永氏は、きれいな見た目を作るには「筋肉を貯える」=「貯筋」がキーワードだと主張する。


宝田恭子(歯科医師)
日本アンチエイジング歯科学会理事で顔エクササイズのカリスマ。宝田氏は「顔を筋トレすれば若返る」と主張し、顔の筋肉トレーニング法を提案する。


顔の筋トレこそ最高のメイク!?(宝田恭子)

宝田氏は「顔には沢山の筋肉がついているが、腕の筋肉などと違い骨とくっついていないので、重力に負けてたるんでいく」と顔がたるむ原因を指摘。その上で、たるみを改善し顔の見た目をアップするためには“モダイオラス”(※口輪筋と頬筋の接点・エクボのでるあたり)を意識して顔の筋肉に負荷をかけて口元や頬を鍛えることが大切と主張する。
宝田氏は顔の筋肉を鍛えるために自ら考案した「サンドイッチ・エクササイズ」と「ペットボトル・エクササイズ」を紹介。スタジオでは実際に、ゲストの杉本彩と元木大介が「ペットボトル・エクササイズ」に挑戦する。

キレイな身体作りは貯筋から!?(福永哲夫)

現代人は運動不足により筋肉量が低下。さらに加齢により筋力は衰えるが、福永氏が学長を務める鹿屋体育大学では、高齢者向けに、寝たきり防止のため、筋肉を貯える“貯筋プロジェクト”を実施している。さらに、筋肉を鍛えることで見た目もきれいになれるが、そのためには、太ももとお腹に“貯筋”することが重要だとし、運動不足の人必見の、椅子ひとつでできる簡単“貯筋運動”を紹介する。
また福永氏は、自分の筋肉量は体重とウエストがわかれば簡単に計算できると説明し、体重だけではなく“体重とウエストの比率”が重要だと話す。さらにスタジオでは、きれいな身体作りに欠かせない腹筋や太ももなどの下半身の筋肉がどれくらいあるのか、椅子を使ってチェックする簡単な方法を体験する。
では、実際に日常生活を送りながら筋肉を鍛える方法は?ということで、簡単に見た目をアップするための方法を提案。実際に神奈川県のNさん一家に「靴下の履き方」「寝る時の布団への倒れ方」「トイレ掃除」など家事やいくつかの日常生活でできる筋トレをしてもらった。果たしてその効果は…?


太一リサーチ!日本人はなぜ○○なのか!?~あなたはどこまで日本人?~

日本人にとっては常識でも、世界の目からは理解できない様々な疑問を国分太一が徹底リサーチするコーナー!今回のテーマは「見た目」。外国人の目から見た、日本人の“見た目”に関する疑問とは?さっそく外国人の方に話を聞いてみると「なぜ日本人は外ではきれいにして家ではだらしないのか?」「なぜアキバ系の人は独特の格好をするのか?」などの疑問が挙がった。そのなかで太一が注目した疑問は「なぜ日本人女性は細い男性が好きなのか?」。
たしかに現在、日本で人気のある男性は細めの男性が多い。対してアメリカ・ピープル誌の「この世で最もセクシーな男」の上位にはガッチリ体型が多く、日本人と外国人の好みの差ははっきりしているよう。
このギモンを解決してくれるのは、早稲田大学の森川友義教授(恋愛学・進化政治学)。森川氏は「日本の女性は、細い男性の方が結婚相手にふさわしいと本能的に判断しているから」と解説する。性格や堅実さを重視する日本の女性は、それを体格や体型で見極めているというのだ。
そこで実験!街の女性50人に、顔を隠したがっちり体型男とほっそり体型男を「優しそうなのはどっち?」「浮気性っぽいのはどっち?」など、結婚に求められる適正条件を判定してもらった。すると、適正条件(優しそう、計画的など)はほっそり体型男に、不適正条件(暴力的、浮気性など)はがっちり体型男に集中!明らかに違いが見られた。森川氏は、日本人女性が無意識に細い男性を選ぶ理由には、あるホルモンが影響していると指摘する。そのホルモンがもたらす作用とは!?

ページTOPへ