バックナンバー

  • 2011年8月12日:隠せば隠すほど損をする!?

(ゲスト)東国原英夫、道端アンジェリカ
(ミカタガイド)宮田加久子(明治学院大学 社会学部教授)

全面ガラス張りの料理教室、壁の代わりにビニールシートを使って店内を見せる“ビニシー酒場”。さらには肌を見せる中年女性、ブログで自分の生活を公開する人…。以前なら「人には見られたくない」「隠しておきたい」と思ってきたことを、最近、あえてさらすニッポン人が増えてきた!そこに隠された意外な効果とは…!?


宮田氏によると、「さらす」には(1)ありのままをさらす、(2)見せたい部分をさらす、という2種類があり、(1)は「ありのままをさらすことで親密になる」、(2)は「他者から見られることを意識し見せたい部分を選んでさらす」と、それぞれ違う効果があると解説する。

企業秘密を「さらす」ことでビジネスチャンスを増やす

(1)神奈川県秦野市のクリーニング店「きりやまクリーニング」は、25年前から企業秘密をさらしている。作業場が外から見える作りになっているのだ。アイロンかけやシャツを畳むところなどを見ることが出来て、客は「自分のものがどう扱われているかがわかる」と安心感を持ち、従業員は見られていることで意識が向上。双方のコミュニケーションが築かれ、業績もアップしたそう。
(2)東京・六本木の「Toshi Yoroizuka」。世界的に有名なパティシエ・鎧塚俊彦氏は、スイーツの材料と分量をホームページで公開している。客からの要望があったことから公開したそうだが、レシピをさらすことで次の商品開発への意欲を高めているという。
(3)東京・五反田の「原価BAR」では、メニューを全て原価で提供。客が最初に支払う入場料1500円が利益になる仕組みになっている。このためオーダーミスなどがあると、入場料で得た利益分から差し引かれるため、従業員は緊張感を持って仕事にあたっているという。本来、客には見えない原価をさらすことで客はその安さに集まり、店側は仕事の質が向上しているのだ。

宮田氏によると、「企業は“さらす”を演出している」と指摘。消費者には“知りたい”、“他の人の見えない部分を見てみたい”という心理があり、企業はそれに合わせて、どこまでさらすことが出来るか一致点を探し、好意的にとらえてもらえる所までさらしているのだという。

女性の肌見せ⇒肌を「さらす」とキレイになる!?

(1)42歳の主婦・Nさんは、女性誌の素人ヌード企画に応募して合格!裸体を堂々とさらしてしまった。3人の子どもをもつNさんは「これから衰えていく中で、今の姿を写真で残しておきたかった」とヌードになることを決心した理由を語る。Nさんは撮影に臨むために努力を重ねて大変身!それをきっかけに日々トレーニングに欠かさなくなるなど、裸体をさらしたことをきっかけに美意識に目覚めた。
(2)ヌードにならずとも、肌をさらすことでキレイになると考える女性もいる。胸の谷間を強調、生足で背中も露出するなど、大胆な肌見せファッションに身を包んだ40代女性2人が水着を買いに行くというので同行すると、やはりお目当ては大胆な水着!アドバイスする40代の女性店員も「40代こそビキニ!」と太鼓判を押すが、その理由とは・・・?では、実際に肌をさらすとキレイになるというのは本当なのか?松倉クリニック&メディカルスパ院長・松倉知之氏は「女性ホルモンのひとつで肌をキレイにするというエストロゲンが人に見られるという意識によって増える可能性がある」と解説する。

宮田氏は「肌をさらすと公的自己意識が高まる」と話す。公的自己意識とは“他人に見られている自分を意識する自分”のこと。この意識が高いと、外見やふるまいに気を使うようになり、美しさを保とうと努力するのだという。

インターネット社会の「さらし」ツール⇒ブログでプライベートを「さらす」!?

(1)主婦に人気絶大の料理ブロガー・YOMEちゃんこと大井純子さんは38歳の主婦。ご主人と6歳の娘のために毎日作る料理をブログに掲載。6年前のブログ開設以来、おいしそうな料理とわかりやすいレシピで大人気となっている。しかし大井さんのブログは当初は「育児日記」だった。育児の悩みをさらし、同じ悩みをもつ主婦達と励まし合うなかで、得意の料理日記も載せるようになり、今では1日に約7万件のアクセスを誇るようになった。“レシピ本を出したい”という夢も叶い、料理研究家として活躍している。
そのほか、11年間にわたり、毎日欠かさず自分の「寝癖」をブログで公開しているブロガーや、自分の汚い部屋を日々撮影してブログに載せている1人暮らしの38歳の女性を紹介する。

宮田氏は「ブログは日本人に適した“さらし”ツール」だと説明。「日本人は不特定多数に意見や気持ちを伝えることがうまくない。その点、匿名でも、伝える相手を選んでもいいブログは、日本人に適している」と見方を語る。


たけしPresents 世界の珍さらしファイル

世界には、日本以上に、もっと「さらし」ている場所があった!?
そんな驚きの「さらし」を、たけしが紹介。スイス・ローザンヌの道端にあるスケスケ公衆トイレとは!?スペインの全裸スポーツジムにイギリスのヌーディストオフィスの驚くべき実態は!?


どこまで聞けるか!?太一の解体珍書

世の中には様々な人がいる!そんな人たちの生態を国分太一が徹底調査するコーナー。今回のテーマは「さらす」ということで、家では全裸で過ごし、裸をさらしている「裸族」な人たちをリサーチ!


ページTOPへ