バックナンバー

  • 2011年9月9日:誰もがなれる○○カワイイでコンプレックスを克服!?

(ゲスト)RIKACO、misono
(ミカタガイド)仲川秀樹(日本大学文理学部 教授)

街中に溢れる様々な“カワイイ”もの…。しかも、単なる“カワイイ”ではなく、“大人カワイイ”、“ゆるカワイイ”などバリエーションは増え続けている。さらに最近では“ブサカワイイ”、“グロカワイイ”、“キモカワイイ”などといった、ネガティブな言葉に“カワイイ”を付けた、新しい“カワイイ”も誕生するなど“○○カワイイ”が盛り上がっている!今回は、この“○○カワイイ”現象を徹底検証します!


今回のミカタガイド、日本大学文理学部の仲川秀樹教授は、この“○○カワイイ”ブームについて「“カワイイ”は時代によって使われ方が違う」と分析する。1970年代は少女文化(女性特有の丸文字や、便箋の折り方など)の総称として、80年代はアイドルやタレントに対して、90年代には、アイドルからファッションへと移行した。そして2005年以降、“カワイイ”はファッションに限らずあらゆるものに付けられ、“○○カワイイ”といった新たな言葉が生まれている。

どうしちゃったの!?ニッポンの「カワイイ文化」

そんな日本のカワイイ文化は、今や世界へ広がりを見せている。欧米では日本のアニメキャラのコスプレやゴスロリファッションを好む人も出現。「ハローキティ」や「ピカチュウ」といったキャラクターが人気を集めている。「カワイイ」という言葉自体が、世界の共通語として認知されるまでになっているのだ。そんな外国人たちは今の日本の“カワイイ”事情をどう捉えているのか!?今、日本で売れている“○○カワイイ”を見せてみることに…。“ブサカワイイ”千葉県東金市のイメージキャラクター「やっさくん」、“キモカワイイ”北海道夕張市のキャラクター「メロン熊」、“グロカワイイ”臓器をモチーフにした「臓器ポーチ」を見せてみると、「信じられない!」「かわいくない!」と、全く理解できない様子…。
スタジオにも人気の“○○カワイイ”グッズが登場。芋虫の形をした和菓子とチョコレート「芋虫ごろごろ」、本物のなまこを干して作った「なまこストラップ」…。さまざまなグッズに賛否両論!?

ついに発見!?“キモイ”と“キモカワイイ”の境界線

では、“キモイ”と“キモカワイイ”の違いはいったいどこにあるのか!?
“キモカワイイ”ものが大好きな18-30歳までの女性20名に集まってもらい、同じような特徴を持つ芸人2人の顔を見せて“キモイ”と思うか、“キモカワイイ”と思うか判定してもらった。
江頭2:50VSエスパー伊東、南海キャンディーズ・山里亮太VSバナナマン・日村勇紀の対戦には、大きく明暗を分ける驚きの結果が!?しかし、安田大サーカス・クロちゃんVS芋洗坂係長の対戦については、反対の意見を聞いて当初の判定を覆す人も出てきた。これはなぜなのか!?
仲川教授は「かわいく思っていなくても、周りの誰かが“カワイイ”と言ったらそれに同調し、コミュニティ内の一体感を築いている」とした上で、「そうした中でも“キモイ”と“キモカワイイ”を分ける基準ははっきりと存在している」と分析する。その一つ目の基準は「相手を下に思えるかどうか」。仲川氏によると“カワイイ”の語源は“かわいそう”から来ており、相手の同情を買うという意味が含まれていると指摘する。そして二つ目は「コンプレックスを堂々と出しているかどうか」。コンプレックスを隠したり、格好をつけてしまうと、逆により気持ち悪く感じてしまうのだという。

○○カワイイを利用して成功!?

“キモカワイイ”ブームを利用して大人気を得ているものがある。それが大きさ65センチ・お値段5000円という巨大ゴキブリのフィギュア。トイグッズでは異例の年間1500体を売り上げた。元々は普通のパーティーグッズを販売していたが、キモカワイイ商品を販売してから業績が25%もアップしたそう。
一方、名古屋では、セーラー服を着た50歳の男性・安穂野香さんが人気となっている。女子高生たちから“キモカワイイ!”といわれカメラを向けられる安さんは、シンガーソングライター。キモカワイさで注目を集め、2004年にCDデビュー、DVDも約1万枚を売り上げた。18年前からこのキャラを続けている“元祖キモカワ”だという。当初は全く理解されなかったが、2005年、世間で“キモカワイイ”、“ブサカワイイ”ブームが起こり、販売数が伸び始めたのだ。今ではアイドルのボイストレーナーの依頼も舞い込むなど、コンプレックスになりかねない見た目をあえて強調することで、強烈な個性として世間に認められるようになったのだ。
仲川氏は「コンプレックスを表に出す謙虚さを相手に認められることによって、かわいさも認められているのではないか」と見方を語る。


どこまで聞けるか!?太一の解体珍書

世の中には様々な人がいる!そんな人たちの生態を国分太一が徹底調査するコーナー。今回のテーマは「○○かわいいを駆使してもっとかわいくなろう」ということで、「キモかわいい」「ブサかわいい」ペットをこよなく愛する飼い主の皆さんをリサーチ!


ページTOPへ