バックナンバー

  • 2011年10月14日:苦労しないで楽して学べ!?

(ゲスト)藤巻幸夫(実業家)、シルク
(ミカタガイド)山岡重行(聖徳大学人文学部心理学科)

今や1兆円産業となった「セミナー」。巷では、掃除の仕方、謝り方、葬儀の仕方まで様々なセミナーが行われている。さらにセミナーブームを受けて“セミナーを開く人のためのセミナー”まで登場した!なぜ、こんなにもセミナーが流行っているのか?そこにはただ学びたい、知りたいだけではない、今の時代に思い悩まず生きられる理由があった!?さらにニッポンを動かす成功者に見る学び方の新常識「TTP」とは!?


今回のミカタガイド・聖徳大学の山岡重行氏は、セミナーで学ぶ人が近年になって増えたと指摘。昔はセミナーに「必要に迫られて行く」「学びたいから通う」というのが主な理由だったが、最近は新たな理由があると解説する。

セミナーが人気の理由とは!?

今の人たちはなぜこんなにもセミナーに通うのか!?その理由は「人に出来て自分は出来ない不安から行く」、「自己満足や優越感を得るために行く」からだという。
そこで、実際に妊娠したい人たちが通う“妊活セミナー”や“カリグラフィー(ローマ時代に生まれたと言われる西洋の文字の書き方で、先の平たいペンを使って文字を書く)セミナー“に通っている人たちを取材する。
このように、以前は見受けられなかった、新たな理由が生まれた背景には、人から見られた自分を意識している人が増えたことがあるのではないかと山岡氏は指摘する。

マニュアルで学ぶ!?

最近のおもちゃのブロックには、組み立てマニュアルが一緒に梱包されている。今や、自分で考えて作るのではなく、マニュアルを見ながら作るのが当たり前の時代…。さらに書店にはゲームの攻略に始まり、資産運用、携帯電話の使い方など実に様々なマニュアルが並んでいる。これは日本だけのことだと言われるが、それがサービスを含めたあらゆる事柄のクオリティの高さを生み出しているのだ。
日本全国どこでも、そして経験が浅い人でも、同じことが出来るのがマニュアルのなせる技。そこで、こうしたマニュアルで急成長を遂げた人気焼肉店や重さ2.1kgのマニュアル本を持つANAのCAを取材する。
またスタジオでは、実際に発売されている様々なマニュアル本を紹介する。

TTPが成功の鍵!?

TTPとは最新のビジネス用語で、ローマ字で“徹底的にパクる”の頭文字をとった言葉。今、この“TTP”を取り入れ、成功した会社を徹底的に真似ることで成長している会社がある。
居酒屋「てっぺん」は創業7年で都内を中心に6店舗、さらに35店舗の独立店を生み出した。その「てっぺん」では、店内の作りを人気居酒屋店と同じ業者に発注、また料理のメニューの中には、社長が人気店に頼み込んで取り入れたものもあるという。さらに “あるもの” を徹底的に真似したことで店が躍進したというのだが、その“あるもの”とは…?


どこまで聞けるか!?太一の解体珍書

世の中には様々な人がいる!そんな人たちの生態を国分太一が徹底調査するコーナー。今回のテーマは「苦労しないで楽して学べ!?」ということで、ちょっと変わったセミナーを主催している人たちをリサーチ!


ページTOPへ