バックナンバー

  • 2012年5月18日:見極めなければ損をする!?

(ゲスト)つるの剛士、安めぐみ

情報やモノが溢れ、良いものや自分にとって本当に必要なことを見極められなくなっている現代。口コミを参考にする人も多いが、インターネット上では口コミが操作され、街で見かける行列すら意図的に作られている場合もあるなど、私たちが見極めの材料としているものが信用できない世の中になっている。そこで、今回はこれを知れば損をしない“究極の見極め術”を公開します。


良いスーパーの見極め術

大手スーパーの販売促進担当を経てショッピングアドバイザーとして活躍中の今野保氏は、年間約1000店のスーパーを見てまわるという「スーパーの達人」。そこで、主婦歴4年の自称カリスマ主婦・森三中の村上知子が今野氏と共にスーパーを訪れ、見極めの極意を教わることに。まずは、入口近くに設置されていることが多い果物・野菜コーナーで、良いスーパーかどうかを見極めるポイントがあると指摘。果たしてそのポイントとは?また鮮魚、精肉、惣菜コーナーなどでの見極め術や、チラシに隠されたヒントも大公開!

良い宿の見極め術

旅行に行くとき、いい宿かどうかを見極める方法とは?大手旅行会社で多くの旅館・ホテルの企画に従事し、裏の裏まで知り尽くした宿の達人・井門隆夫氏が、1泊2食付・2万円前後で泊まれる温泉宿の、「絶対損をしない見極め方」を紹介。インターネット予約の注意点や、実際に泊まってからの見極めポイントとは?

美味しい野菜の見極め術

発売1ヶ月で1万部以上を販売し、今話題になっている本が、おいしい野菜の見極め方を集約した「内田悟のやさい塾」。原産地から、旬の季節の解説、さらには調理の仕方まで、東京・築地で青果店を営む内田悟氏の知恵がつまっている。
内田氏は、銀座など約100店舗のレストランに野菜を納める野菜の達人。野菜が産地でどう育ってきたのか、そのデータを基に野菜が持つ旬の栄養にこだわるのが内田流の見極め術ということで、ネギ、葉もの野菜、人参など、野菜の見極め方を紹介する。また、内田氏が野菜の見極め術を駆使する大人気の“ある催し”にも密着。


どこまで聞けるか!?太一の解体珍書

世の中には様々な人がいる!そんな人たちの生態を国分太一が徹底調査するコーナー。今回のテーマは「見極め」ということで、様々なジャンルの“見極めのプロフェッショナル”の皆さんを徹底リサーチ!


ページTOPへ