バックナンバー

  • 2012年6月15日:人生をリセットしよう!

(ゲスト)笹野高史、いとうあさこ

日々の生活で溜まったストレスをあなたはどのように「リセット」していますか?今回は、最近女性たちに人気の最新リセット法や、部屋を整理整頓することで心も整理できる効果抜群の片づけ術を紹介。さらに夢を叶えるために人生をリセットして新生活を送る女性にも密着します。


心をプチリセットする!?

金曜日の夜9時。竹芝桟橋には「心をリセットしたい」という女性たち18名が、あるツアーに参加するために集まってきた。対人関係などで疲れた心をリセットするために船に乗り込み出発した一行は、8時間船に揺られ伊豆大島に到着。いったい、ここでどんなことをしてリセットするのかというと・・・なんと三原山での“山ヨガ”!都会の喧騒を離れ、毎回違う山で、本格的な登山とヨガのインストラクターの指導を受けられるのが人気で、今回取材したツアーだけでも、年間およそ250人の女性たちが参加しているという。登山で身体を緊張させ、ヨガでリラックスさせることで交感神経と副交感神経の双方が刺激されるため、心をリセットするには最適。参加者たちは皆、生き生きした笑顔になっていった。
一方、瞬間的に心をリセットできる方法もある。会社員のMさん(女性)が職場で溜まったストレスをリセットしたいと参加したのはなんと「滝行」!神奈川県の山奥にある滝の前で空手着に着替えたMさんをはじめとした参加者たちは、インストラクターから指導を受けて、いよいよ滝のなかへ!その激しい「滝行」の様子に密着!

子どもの教育のために生活をリセットする!?

神奈川県在住のEさん一家は、今年小学校に入学した6歳の長男が学校で「片付けが苦手」と指摘されたのを機に、子ども部屋をリセットして片づけを教えたいと考えた。しかし、実はお母さん自身も片づけが苦手ということで、今回、プロから教えてもらうことに!救いの手を差し伸べたのは、お片づけコンシェルジュ・中山真由美氏。中山氏は、ただ部屋をきれいにするだけでなく、片づける人の心理に働きかけて自然に片づけをするように変えてしまう、心まで整理させる“リセットの達人”なのだ!そんな中山氏がEさん一家の子ども部屋を訪れて最初に指摘したのは「モノの多さ」。続いて夫婦の部屋もチェックした中山氏は、お母さんの整理力の低さを見抜き、まずは夫婦の部屋からリセットすることを提案。さっそくクローゼットからはじめることに・・・。すると中山氏はここで思いもよらない、ある意外なモノを揃えることを指示した。実際にお母さんがその指示に従って片付けはじめると、みるみるうちに変化が・・・。
さらに、クリアケースに洋服をしまうときの収納法も駆使して夫婦の部屋がすっかりキレイになったと、いよいよ子ども部屋に着手!「子どもの自立心が高まる」と中山氏が話す整理術の極意とは!?

人生をリセットして華麗なる転身!?

神奈川県の北里大学病院・救命救急センターで働く救命救急医の銘苅美世さん(37歳)。医師になって4年目の銘苅さんだが、以前は宝塚歌劇団という、まったく違う分野で活躍していたのだ!いったい、なぜ華麗なキャリアをリセットして医師を志したのか?その原点となったのは、宝塚歌劇団時代に慰問に訪れた特別擁護老人ホームで感じたある思いだったー。銘苅さんが医師になるまでの道のりを紹介する。


どこまで聞けるか!?太一の解体珍書

世の中には様々な人がいる!そんな人たちの生態を国分太一が徹底調査するコーナー。今回のテーマは「リセット」ということで、“いろいろなモノ”をリセットしているみなさんを徹底リサーチ!


ページTOPへ