バックナンバー

  • 2012年10月26日:「老い」にあらがうニッポン人!?

(ゲスト)
五月みどり
南雲吉則(医学博士)

2012年、日本では65歳以上の高齢者が3000万人を超え、2年以内に日本人の4人に1人が高齢者になると言われている。年を取ったと思われたくない人が多いのか、街の書店には「若返り」「長生き」など老化予防をテーマにした書籍が数多く並んでいる。その思いは女性だけではなく、男性も同じ。高齢化社会に到来した“計算づくめの若返り”ブーム。なぜ人は若くいたいのか!?今回は「老い」をテーマにお送りします。


「老い」のメカニズムとは!?

老化の原因とはなんなのか?生物学の権威である、生物学者の松延康氏は、「生き物の体は細胞で出来ていて、その細胞はどんどん入れ替わっていくが、その入れ替わった細胞が“これ以上分裂できない”と、生まれ変わる力が衰えることが老化」だと説明する。老化の原因は様々だが、身近な要素が主に3つあるという。その要素とは?またその“3つの要素”を予防し驚異の美貌を誇る“46歳女性社長”の生活をチェック!

世界一!?「老い」を人一倍意識するニッポン人!

2006年に、ある市場調査会社が行った調査によると、最も老いを意識しているのは日本人という結果がでたという。では、なぜ日本人は老いを人一倍意識するのか?
そこで、街に出て聞いてみました。「あなたはどんな時に老いを感じますか?」その身につまされる答えとは!?

日本人は若返っているのか!?昭和VS平成のスター

現代日本人のおよそ70%は、「昔の人よりも今の人のほうが10歳は若返っている」という調査もあるのだが、本当に若返っているのか!?昭和と平成の大物俳優、スポーツ選手、人気アイドルで比較すると、驚きの結果が・・・!?またゲストの五月みどりが生活の中で実践している“若くいるための秘訣”3つを伝授する。
スタジオではベストセラー「50歳を超えても30代に見える生き方」の著者である南雲医師自身が実践している“老いを防ぐ方法”を披露する。睡眠・食事・時間の使い方など、その話にはたけし・太一も興味津々。


ページTOPへ