バックナンバー

  • 2012年12月14日:人生をムダにするな!?2013年得する時間活用術

(ゲスト)
石田衣良
高橋みゆき(元全日本女子バレー選手)

朝7時開店のネイルサロンは、出勤前にネイルを施す女性たちに人気。店長によると、「朝の出勤前の時間を使いたい」という客の声をヒントに始めたという。予約は2ヶ月先までいっぱい!このように今は様々な店やサービスがあらゆる時間帯で利用できる時代となり、人々の時間の使い方が多様化している。皆、時間を有効に活用したいと熱望しているのだ!そこで今回は来年に向けて“得する時間活用術”をお送りします。


時間はないワケではない!“時間泥棒”の正体とは!?

日本人は、どれだけ時間を活用できているのか!?ということで、今年1年充実していたのかどうかを街で尋ねてみると「何もできなかった」「時間がほしい」と悔やむ声があがった。しかし、ある調査によると、現代の日本は40年前に比べると勤務時間は短くなっていることから、本当は時間が増えているはず・・・。なのになぜ時間がないのだろうか!?そこには40年前にはなかった現代社会ならではの原因があった!

見てみたい!“あの人”の24時間の過ごし方

今年活躍した話題の人は1日をどのように活用しているのか?「ワイルドだろぉ?」で流行語大賞も受賞した、芸人・スギちゃん、若返りのカリスマ・医師の南雲吉則氏などに取材。さらにスタジオでもゲスト2人のタイムテーブルをチェック!作家・石田衣良の執筆時間は1日のうちどれくらいなのか?また、高橋みゆきが代表選手時代の過酷な練習スケジュールを明かす!

これでアナタも時間活用の達人になれる!?

時間活用が得意な人、苦手な人。いったい何が違うのか!?立正大学心理学部・齊藤勇教授によると、3つの原因があるという。その3つの原因を克服すると時間活用の達人になれるという・・・ということで時間活用の達人になれる方法を伝授する!

徹底した“時間管理”こそが人を育てる!?

神奈川県にある「秋山木工」という会社は、全国の一流ホテルや宮内庁などに家具を納める、日本でも有数の注文家具専門会社。この会社で働いて独立した職人たちは、大手企業や一流ホテルから注文家具を請け負う一流職人に成長している。その秘訣は社長の秋山利輝氏による徹底した時間管理。入社1-4年目の研修生は丁稚と呼ばれ、住み込みで生活。早朝に5時起床し、厳しい時間管理のなかで暮らしている。番組ではその様子に密着し、秋山社長の人材育成術に迫ると“時間”の大切さが見えてくる。


ページTOPへ