バックナンバー

  • 2013年2月1日:賢く食べればキレイになれる!?

(ゲスト)
南雲吉則(医学博士)
黒田知永子

たくさん食べても“スリムになったり健康に”なれる!?もしもこれが本当だったら・・・。今回は、日本人の“食”や“太ること”に対する独特の意識をひもときながら、「賢い食べ方」について考えます。「1日1食」などの健康法で話題の医学博士・南雲吉則氏やモデルの黒田知永子さんが普段の食生活を解説!そこに隠されたヒントとは?さらに大人気なのに意外と知らない「トクホ」マークにも迫ります。


美味しく食べて痩せられる!?「奇跡のレストラン」とは

東京・六本木にあるイタリア料理店「ボタニカ」は、最近ブームになっている、糖質を控えるダイエット法にかなった“糖質制限”コース料理を提供しており、「美味しく食べたいけど太りたくない」という人たちに大人気!料理にはさまざまな工夫が施されているのだが、いったいその工夫とは?

ドッキリ実験!痩せてなきゃイヤ!!な日本人

日本は世界各国のなかでも肥満体型の人が少ない国。それなのに「太る」ことに対しては独特の意識を持っているようだ。そこで街の人に、実際の体重よりも重く表示される体重計に乗ってもらい、その反応をチェック!すると皆、ショックを受けている様子・・・。日本人はなぜそんなに痩せたがるのか?日本人の気質を研究する心理学者・東京未来大学の大坊郁夫学長は日本人独特の「美徳」に理由があるという。
そしてスタジオでは、スリムで健康になった医学博士の南雲吉則氏の驚異の“3食メニュー”とモデル・黒田知永子の“食の3つのルール”を大公開!

潜入!「トクホ」の秘密に迫る!

トクホ=特定保健用食品とは、その食品が謳う健康効果を国が認め効能を表示することが許された食品のこと。1991年のスタート当時、国が食品の健康効果を認める制度は世界初と画期的だった。今や1000品以上、5000億円を越える巨大市場。しかしそのわりには、意外と詳しいことを知らない人が多い・・・。「トクホ」の認可には、効果と安全性を証明した実験データを提出することが必要だが、番組では今回特別に、人への実験を請け負う現場に潜入する!

本当は怖い!“フードファディズム”とは!?

最近、ダイエットに効果があると話題になったトマト。街で外国人と日本人にそれぞれトマトの健康効果について尋ねてみると、外国人は全く知らず、逆に日本人はとても詳しかった!この差はいったいなんなのか!?
日本は、平安時代に書かれた日本最古の医学書に食の効能が数多く書き記されていることでもわかるように、古くから食材の効能が広められていた。日本人は根っからの健康博士といえる。
しかし、そんな日本人に警鐘を鳴らすのが群馬大学・高橋久仁子教授。高橋氏は「これさえ食べれば健康になれる・痩せられる、というフードファディズムに陥りやすい」と指摘。いったい“フードファディズム”とは?そしてその影響に迫る!


ページTOPへ