バックナンバー

  • 2013年3月15日:世界に誇る!ニッポンの基準

(ゲスト)
由紀さおり、桜庭和志

▼仰天!震度の基準は「恐怖」だった!?
▼各地で目撃!あなたを救う謎の球体!?
▼宇都宮VS浜松「ギョウサ日本一」は誰が決める?
▼日本一の消費データバンクに潜入!
▼メタボの基準はウエスト○○cm!?


仰天!震度の基準は「ヒトの恐怖」だった!?

気象庁によると、地震の震度は全国4350カ所にある震度計で決められているという。しかも多点化した震度計のデータをひとつに集めて国で情報発信をしているのは日本だけ!しかし、このシステムが導入された1991年以前は、なんと観測者の感覚で決められていたのだ!では、体感で計測するときの震度1~4の基準になっていた意外なものとは?

追跡!花粉の基準は“謎の球体”で分かる!?

ある建物のベランダに設置された謎の白い球体。全国1000カ所に設置されているというこの球体は「ポールンロボ」といい、ある情報をインターネット回線で送信しているのだという。その情報とは「花粉」。ウェザーニューズ社が会員限定で1000人に無料で貸し出しし、情報収集をしているのだという。さらに花粉症の症状との関係も調査したいとのことで、貸し出し者は花粉症であることも求められる。
一方、日本気象協会ではポールンロボではなく、「ダーラム法」という方法で花粉を観測しているという。いったい「ダーラム法」とは?その驚きの仕組みを取材する。

潜入!秘密の統計局“日本一”を決めるデータとは!?

ここ数年、「ギョウザ日本一」の町の称号をかけた熾烈な戦いが繰り広げられている。今年発表された「ギョウザ」の購入金額では、浜松市が1位に輝いた!
それにしても、いったい誰が何を基準に調べているのか?今回の情報の出典が総務省統計局ということで、ありとあらゆるデータが集約された統計局の内部を取材。果たしてギョウザの購入金額の基準とは?さらに、普段は立入禁止になっている秘密のエリアに潜入!重厚な扉の奥にはいったい何が・・・。

大調査!メタボの基準を追え!?

ダイエットにまつわる言葉といえば「メタボ」。その基準が「ウエスト85cm以上(女性は90cm以上)」ということは、街で聞いても割りと良く知られている。しかし、「メタボ」の基準はウエスト回りのサイズだけなのだろうか?また、いったい誰が決めたのか?
気になる「メタボ」の基準を追う!


ページTOPへ