バックナンバー

  • 2013年4月19日:流行る観光地にはワケがある!?

(ゲスト)
ナオト・インティライミ(ミュージシャン)
森優子(旅行エッセイスト)

▼3つの「K」で読み解く流行る観光地にはワケがある!?
▼大人気鉄道K サプライズのつくり方
▼日本一の観光地K リピーターを呼ぶヒミツ!
▼ホントは教えたくない!?達人のお気に入りスポット
▼忽然と消えた観光地!?あのKは今・・・


大人気ローカル鉄道“K” サプライズは“謎のかっぱ”!?

ここ数年、海外旅行ではなく国内旅行を楽しむ人が増えているが、いま話題沸騰なのが熊本県の熊本~人吉間を結ぶ人気鉄道「SL人吉」の旅。JR九州の観光列車のなかでも一番の乗車率を誇る「SL人吉」は、休日ともなるとチケットが入手困難になるほど。およそ2時間30分のSL旅の、どこに人気の秘密があるのか?番組が実際に乗車してみると、SLを知っている世代も知らない世代も楽しめる、さまざまなサプライズが用意されていた!

日本一の観光地“K” リピーター率97%を呼ぶヒミツ!

歴史と文化が息づく古都・京都。訪れる観光客は年間およそ4955万人と世界有数の観光地。世界で影響力のあるアメリカのある旅行雑誌で発表された観光都市ランキングでも9位にランキングされている。その人気の秘密はリピート客。なんと京都を訪れる観光客の97%はリピーターだという。何度も訪れたくなる秘密は、神社仏閣だけではない斬新な観光スポットが誕生していることにあるということで、いまの京都の様子を取材する。スタジオでは旅の達人、ナオトや森優子が忘れられないお気に入りの“スポット”を紹介する!

忽然と消えた観光地!? あの“K”は今・・・

1980年代に一世を風靡した観光スポット・山梨県・清里。東京から電車で2時間半、車でも3時間ほどで行かれるとあって若い女性を中心に観光客が殺到。しかし、およそ25年がたった今、観光客は激減。かつて賑わっていたお土産スポットも荒れ果てている。なぜ清里は衰退の一途をたどってしまったのか。そこには観光地が目指すべき姿の重要なヒントが隠されていた。


ページTOPへ