バックナンバー

  • 2014年9月19日:商機はココにあり!道沿いの繁盛店

(ゲスト)
井森美幸、石井一久

車から降りずに買い物ができるドライブスルーの店。寿司、メガネ、そして薬まで…意外な店がドライブスルーの営業で繁盛していた!今回は道沿いの人気店の秘密に迫ります。
▼メガネから薬まで!“群馬”はドライブスルー王国
▼海岸線にズラリ!“R135”は土産物の激戦区
▼ついつい立ち寄る!繁盛店のヒミツ
▼車離れの象徴!?“廃墟”がオシャレに大変身!


メガネから薬まで!“群馬”はドライブスルー王国

群馬県のとある国道沿い。ここは道沿いビジネスの定番・ドライブスルーがしのぎを削るエリアだが、そのなかでひときわ異彩を放っているのが、なんと個人経営の店が作った寿司店のドライブスルー!訪れる客の半数はドライブスルーを利用、車から降りずに済むことから一度に大量注文する客も多い。 さらに、この国道沿いには、メガネや薬まで、あらゆるもののドライブスルーが存在している。いったいなぜ群馬県にはドライブスルーの店が多いのか!?その謎に迫ると・・・。

海岸線にズラリ!“R135”は土産物の激戦区

静岡県・伊豆半島の東の海岸線に沿って走る国道135号線。今人気の道の駅、伊東マリンタウンや土産物店など観光客向けの店が並んでいるが、なかでも伊東市だけで100軒以上あるのが干物店。伊豆は豊富な魚介が獲れる上に冬でも日差しが強いため、干物が名産となっている。観光帰りに買ってもらおうと上り車線に集中している各店に取材してみると、なんとか自分の店で買ってもらえるよう、実に様々な工夫で客にアピールしていた!

車離れの象徴!?“廃墟”がオシャレに大変身!

神奈川・川崎の幹線道路の交差点の角にある、広い駐車スペースを持つおしゃれなパン屋さん。実はこの店、以前はガソリンスタンドだった!また東京・稲城にある飲食店も、廃業したガソリンスタンドを利用して営業している。 自動車の普及と共に増えたガソリンスタンドもここ20年で激減し、こうした跡地が増えているようだが、それはいったいなぜなのか?その理由には、セルフガソリンスタンドの認可や、消防法の改正などが深く関わっていた!

ページTOPへ