バックナンバー

  • 2015年2月27日:こんな時代に“売り切れ御免”2

(ゲスト)
中村親方(元関脇・琴錦)、小島慶子

好評シリーズ第2弾!売り切れ続出の激安スーパー、物騒な名前をした超人気特産品など、様々な店の「売り切れ御免」の秘密に迫ります。
▼赤字で儲ける!?月に1度の“トラック市”
▼田舎町が震撼!?物騒で“ホラーな特産品”
▼1本3240円!超高額“スプーン”の秘密


赤字で儲ける!?月に1度の“トラック市”

愛知・西尾市のスーパー「ビッグママ」。月に1度行われる激安セール「トラック市」の日は、朝6時30分ごろになると、続々と人が集まってくる。そして、7時の開店と同時に店内は黒山の人だかり!しかも大量買いするお客さんばかりだ。いったいなぜこんなに早朝から売れるのか!?実は「トラック市」は、普段の1.5倍、大型トラック10台分の商品を激安価格で販売するのだが、商品がなくなったらおしまいという、まさに「売り切れ御免」の仰天企画なのだ!しかしこのセール、実は儲けはなく、むしろ「赤字」。しかし店長によると、この赤字必至の「トラック市」が店を支えているのだという。その驚きの理由とは?

田舎町が震撼!?物騒で“ホラーな特産品”

徳島・那賀町(相生)は、人口わずか3000人の小さな町だが、実はこの町に連日売り切れ御免の人気商品があるという。町の人に尋ねてみると、その商品の名前は「はんごろし」・・・。なんとも物騒な名前だが、いったいどんなものなのか!?

1本3240円!超高額“スプーン”の秘密

1本なんと3240円もするスプーンが大人気のため売り切れているという。しかも入手は2~3か月待ち・・・。いったい人気の理由はなんなのか!?製造先を訪ねてみると、たどり着いたのは鋳物の生産が盛んな富山・高岡市。主に真鍮製の仏具を製造している工場の一角で作られているのだが、実はそのスプーンにはものすごい秘密が隠されていた!

ページTOPへ