バックナンバー

  • 2015年3月6日:密着!ニッポンの後始末請負人!

(ゲスト)
伊集院光、吉川美代子

24時間営業の巨大温泉の舞台裏、いま急増している行き場を失くした墓石の行方など、気になる「片づけ」・「後始末」の現場に密着します!
▼まるで戦場!巨大“温泉施設”の舞台裏
▼急増中!行き場を失くした“墓石”のゆくえ
▼知らないと困る!?「墓じまい」の作法教えます
▼真夜中のファミレスで“行われていること”


まるで戦場!巨大“温泉施設”の舞台裏

横浜・みなとみらいにある人気レジャースポット「万葉倶楽部」。熱海温泉と湯河原温泉から源泉が毎日運ばれ、露天風呂や檜風呂、大浴場などの様々な湯が楽しめるほか、お食事処や宿泊施設もある24時間営業の施設だ。週末は約2000人、年間で50万人もの集客を誇るが、これだけの客が利用したお風呂やタオルなどの後始末は、いつ誰の手によって行われているのか?番組は、さっそく取材に潜入し、巨大温泉の舞台裏に密着!いつ来ても客が気持ちよく過ごせるよう奮闘するスタッフたちの見事な仕事ぶりに迫る。

急増中!行き場を失くした“墓石”のゆくえ

「あなたはお墓をどうしたいですか・・・?」最近、墓をめぐっては、墓の継承者がいなかったり、遠方にあるため墓参りができないという理由から墓を処分する「墓じまい」を考える人が増加。他人事ではない身近な問題ともいえる。番組では、ある寺の「墓じまい」の様子に密着。さらに、撤去した石の行方を追う。その行先には主にふたつあるというが、果たしてどこへ向かうのか?

真夜中のファミレスで“行われていること”

とっくに閉店したはずの深夜のファミリーレストランの店内でうごめく人影…。これは、清掃クルーが隅々まで店内を磨き上げている姿だった!実はここ「ガスト」には、店内の清掃に関して約100項目のオリジナルのマニュアルがあるという。そこで番組では、閉店後の店内を手際よく清掃する、まさにプロの「後始末請負人」たちを取材。業務用オーブンを分解してピカピカにする達人の技とは?

ページTOPへ