バックナンバー

  • 2015年3月13日:知られざる日本一に潜入SP

(ゲスト)
石原良純、小林麻耶、原晋(青山学院大学 陸上部監督)

今回は、さまざまな“日本一”の裏側に迫る2時間スペシャル!収蔵物日本一の博物館やスーパーそしてホテルにも潜入します。
▼3000人が泊まる!日本一「高い」ホテル
▼日本一のコレクション!巨大博物館の「物置」
▼プロが認めりゃ主婦(アマ)も来る!日本一のスーパー
▼「間借り」なりにも日本一!?食べづらいソバ店
▼手のひらに載る日本一!町工場の底力


3000人が泊まる!日本一「高い」ホテル

千葉・幕張にある日本一といえば…ホテル単体の建物としては日本一の高さ180mを誇る「アパホテル東京ベイ幕張」。客室数なんと1500室以上、最大収容人数3000人以上。ホテルの稼働率はなんと93.4%で連日ほぼ満室状態!そんな日本一の超高層ホテルの裏側を潜入取材する。

日本一のコレクション!巨大博物館の「物置」

東京・上野の「国立科学博物館」。日本に約5000ある博物館のなかで、年間入場者数は237万人と日本一!その人気の秘密は、なんといっても圧巻の展示物。恐竜の化石や400体の動物のはく製から、あの小惑星探査機「はやぶさ」まで、あらゆるものが展示されている。展示品数は約1万点だが、筑波にある収蔵庫にはなんと420万点以上の標本が所蔵されている。そこで、番組は筑波にある、普段は入ることができない収蔵庫を取材する。するとそこには部屋を埋め尽くす標本たちが眠っていた!さらに、めったに見ることができない貴重なコレクションの数々が…。

プロが認めりゃ主婦(アマ)も来る!日本一のスーパー

神奈川・伊勢佐木町に日本一のスーパーがあるということで行ってみると、見たこともない巨大なこんにゃくを発見!さらに1キロの焼きそば、5キロの特大あんこ、5キロのパスタ…さらに子供が持つと、まるでスノーボードにも見える長さ1メートルの巨大こんぶまで!ここは業務用の特大サイズの品揃えが日本一のスーパー、その名も「業務スーパー」。安さだけでなく美味しさも評判だが、その魅力は飲食店を営む人たちだけでなく、主婦にも大人気!今では客の8割以上が一般の客だという。現金払い&商品持ち帰りスーパーでは店舗数日本一、「業務スーパー」の兵庫にある本社を訪れ、急成長の秘密に迫る。そこには様々な戦略が隠されていた!

「間借り」なりにも日本一!?食べづらいソバ店

北海道には「日本一狭い」!?かもしれない立ち食いそば店がある。その名も「まめそば」。店内は約一坪…。しかも着物屋さんのボイラー室を改装したのだという。定員大人3名の狭すぎるお蕎麦屋さんをウォッチング!

手のひらに載る日本一!町工場の底力

石川・金沢には、あるモノの日本一の工場がある。そのあるモノとは、誰もが一度は購入したことがあるであろう「お土産用のキーホルダー」。国内で売られているキーホルダーやバッジなどの金属小物の約30%はこの「桂 記章」という会社で生産されている。一軒家のようだった工場は建て増しされ、今やなんと800坪の巨大製造工場に…。500円のキーホルダーを作る工程を取材すると、そこにはメイドインジャパンの底力が結集されていた!

ページTOPへ