バックナンバー

  • 2015年10月2日:プロが集まるスゴい店スペシャル

(ゲスト)
高橋克実、佐々木主浩、押切もえ (※五十音順)
(ロケゲスト)
岩下尚史、赤江珠緒

日本全国の「プロが集まる名店」を2時間SPで大特集!ビートたけしと国分太一が浅草「かっぱ橋道具街」を散策ロケ!プロの道具や便利グッズを学ぶ!
▼日本一の道具街で“和”の神髄に触れる
▼一般客お断り!プロ専用の激安スーパー
▼画材のデパート!プロは何しに世界堂へ?
▼プロのこだわり!克実は?もえは?大魔神は?
▼プロがギブアップした穴を直す「服の外科医」


日本一の道具街で“和”の神髄に触れる

今回はビートたけしと国分太一に加え、岩下尚史と赤江珠緒の4人で浅草にロケへ!“プロが集まるスゴい店”があると聞き、一同が向かったのは、食器や調理器具の専門店が170店程集まる商店街“かっぱ橋道具街”。多くの一流の料理人たちが食器や調理器具を買いにやって来るという…。4人は、特大の“釜”を販売する「釜浅商店」や「料理飲食店器具の飯田」、業務用陶器の卸売「小松屋」、数百種類のお箸を販売する「はし藤」など、様々な“プロ仕様”の名店に潜入!さらに番組で使用するオリジナルの“器”と“はし”をオーダー、その出来栄えは!?

一般客お断り!“プロ専用”の激安スーパー

埼玉・川口市に営業開始時間の朝6時から大盛況のスーパーがあるというので、女優・藤吉久美子が番組スタッフとともに中へ潜入!見渡すと、お客さんは年配の方が多く、カートにたくさんの商品を入れ、“爆買い”をしている。その店の名は「METRO」。ドイツ発の業務用食品卸売の大型店舗で、食材から調理用雑貨まで、飲食店経営に必要なものをすべて“激安”で販売。元日以外は年中無休で、飲食店や商売店の従業員などの“食のプロ”を対象としている。入店にはメンバーズカードが必要で、一般客は入れないのにも関わらず、“食のプロ”たちだけで大盛況…一体ナゼ、そこまでプロに支持されているのか!?

画材のデパート!“プロは何しに世界堂”へ?

画材専門店「世界堂」。1階から5階までのすべてのフロアが販売フロアで、絵画用の筆は200種以上、油絵の具も300種以上を販売、圧倒的な品揃えを誇る。客層としては画家、デザイン事務所の方などが多いという。番組では、店内で見つけた建築模型制作のプロやパンプス作りのプロ、ギャル詩人、パネル作りのプロなど、様々な分野のプロに密着!「世界堂」にやってくる人々は“何を買い、何を作るのか”を徹底取材した!

プロがギブアップした穴を直す「服の外科医」

洋服のプロから絶大な信頼を集めるお店が名古屋にあるという。それは「江見屋かけつぎ専門店」。中に入ると、従業員の皆さんが行っていたのは“お裁縫”。あらゆる生地の綻びを直す専門店だという。クリーニング店や海外高級ブランド、さらには洋服直しの店など、同業者からも数多くの修繕依頼が寄せられ、その数は年間1万5千着だという。その中でも特に見事な針捌きで穴をふさいでいくこの店の創業者、松本孝夫さんは名人として一目置かれている。そんな彼に密着すると、とある男性から、亡き妻から貰った思い出のカーディガンを直して欲しいという依頼が…服に込められた思い出も蘇らせる“服の外科医のワザ”に迫った!

ページTOPへ